エクスティンクション・リベリオンXR「絶滅への反逆」は気候変動対策抗議運動

2019年4月にロンドン中心部のあちこちを占拠し大規模なデモを行ったエクスティンクション・リベリオン(絶滅への反逆)を知っていますか。ロンドン中心部を混乱に陥らせ、何人もの逮捕者を出したデモにはエマ・トンプソンやグレタ・トゥーンベリも参加していました。このグループが10月にもその規模を広げ、世界各地で抗議デモを行っています。派手な行動をくり広げる彼らは何者?そして、何を目標にこのようなデモを行っているのでしょうか。

続きを読む

英医学誌BMJ掲載「日本のCovic-19対応について」への反響

日本の新型コロナウィルス対応について英医学誌に発表された英文の論文を簡単にまとめてツイートしたところ、思いがけずかなりの反響があったのでまとめておきます。どんな論文だったのか、それに対する日本人の反響のまとめ、それに対しての私見を述べます。

続きを読む

男性に夜間外出禁止令を:ロンドンの女性殺人事件後に

Reclaim the night

ロンドンで女性が行方不明になりその後、遺体が発見されたのですが、ロンドン警視庁の警官が誘拐と殺人の疑いで逮捕されたことで、イギリス中がショックを受けています。「危ないから女性は夜一人歩きしないで」という声が上がる中、女性国会議員は国会で「男性全員に夜6時以降の外出禁止令を」と提案して話題になっています。

続きを読む

タトゥー【海外の反応】イギリスやアメリカではどんな印象なのか、仕事は?入れ墨とどう違うの

最近は日本でも「タトゥー」と英語で呼んで、ファッション感覚で入れている人もいるようですが、まだまだ「入れ墨」というと抵抗がありますね。海外ではデイヴィッド・ベッカムやアンジェリーナ・ジョリーなど多くの著名人がしていたりしてかなり浸透してきているタトゥーですが、一般の人にはどう思われているのでしょうか。

続きを読む

キャサリン妃第3子出産後7時間で日帰り退院の理由は?

キャサリン妃が第三子である男の子を無事出産しました。シャーロット王女の時と同じく日帰り出産でした。今回は11時に出産して7時間後の18時には退院というスピーディーな出産でしたが、そうしてそんなに早く退院できるのでしょうか。イギリスでは出産後みんなそんなにスピーディーに退院しているのか、経験者目線からお話します。

続きを読む

無痛分娩のリスク?キャサリン妃の場合とイギリスでの体験談

Baby

最近、無痛分娩のリスクについて日本で取り沙汰されているのを知りましたが、 「無痛分娩で母死亡、子に重い障害 今度は神戸 」その報道が不必要に不安をあおるものではないかと心配になりました。イギリスでは無痛分娩は普通におこなわれており、かのキャサリン妃もそうだと言われています。

続きを読む

ロンドンマラソン2018コース地図や参加選手情報【結果】キプチョゲとチェリヨット優勝

【結果も追記しました】ロンドンマラソンは毎年4月に行われる世界6大マラソンのひとつ。世界的に有名なフルマラソン大会で参加者の規模では世界最大、今や巨大なスポーツの祭典となっています。こちらではロンドンマラソン2018年度のコース、賞金、出場選手、日本からの参加者などをご紹介します。

続きを読む

生理の貧困対策:イギリスの学校でナプキンやタンポンを無料配布

Tampon Tax

あなたが女性なら、生理用品にお金をいくら使っていますか。多くの人は他の生活必需品と同じように特に意識もせずに買っているでしょうが、その費用さえ簡単に捻出できない人たちもいます。若い女子学生の場合、それが負担となって学校を休まなければならない人たちさえいるのです。そのため、イギリスでは2020年から学校で生理用品を無料支給するという取り組みがはじまりました。

続きを読む

ベス・チャトー「奇跡の庭 英国グラベルガーデン」作者/ガーデナー逝去

Beth Chatto

イギリスの名だたるプランツウーマン/ガーデナーのベス・チャト―が2018年5月13日に94歳で亡くなりました。イギリス南東部エセックス州にあるベス・チャトー・ガーデンを作り上げ、ナーサリーで自ら育てたプランツを販売し、フラワーショーで数々の賞を獲得、またガーデニングの本を何冊も書き、国内外で講演も行った偉大なガーデナーでした。

続きを読む