ワールドカップ(W杯)日本の時間稼ぎ/パス回しに海外メディア批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Football

サッカーワールドカップ(W杯)、6月28日のポーランド戦で日本代表が後半パス回しで時間稼ぎをし、スタジアムからもブーイングがあがっていました。この西野監督の戦略について、日本のサポーターや関係者は賛否両論のようですが、各国メディアの評価はどうなんでしょうか。


日本対ポーランド

日本代表はワールドカップグループH第3戦、ポーランド代表と闘い0-1で敗戦となりました。

一方、同じグループHのセネガル対コロンビア戦でセネガルも0-1で敗戦。

コロンビアは勝ち点6でトップ通過をするも、日本とセネガルのどちらが決勝トーナメントに進出できるかを決めるのに、両チームとも勝ち点4で、得失点、直接対決すべて引き分けとなっていたので、決め手はイエロー・カード(反則)の数でした。

セネガルは6、日本は4だったのでその差2で日本がかろうじて2位となり1次リーグ突破となったのです。

フェアプレイ・ル―ルとは?

ワールド・カップでは得失点差、総得点、直接対決といずれの条件でも同点の場合、フェアプレーポイント数で順位を決定します。

この場合、警告は1点、2枚目の退場で3点、一発退場で4点、警告後の一発退場で5点がマイナスとなるのです。

この場合は日本が警告4枚でマイナス4ポイント、セネガルは警告6枚でマイナス6ポイントとなっていました。

パス回しをして時間稼ぎ

このことがわかっていた日本代表西野監督はコロンビア・セネガル戦が1-0で進んでいるのをわかると、ポーランドとの試合の後半戦は消極的な守りの戦術を決めました。目の前の試合より決勝トーナメント進出を優先するためです。

後半の約40分間、日本は0-1で負けているにもかかわらず、それ以上の失点と警告を受けないために、パス回しをして時間稼ぎをしたのです。

この、プレイは見た目にも明らかで会場の観客たちは不満を表し始めました。始めは小さかったブーイングも次第に大きくなっていったにも関わらず、日本チームは試合終了までボール回し戦略を続けていました。

試合後のインタビューでは西野監督も歯切れ悪く語りました。

「本意ではないが、これが勝負の世界。」

決勝トーナメントには出場が決まったものの、監督も選手も後味の悪い試合となったのには間違いがないでしょう。

日本サポーターの間にもこの戦略を批判する向きもありましたが、おおむね支持しているようでした。

インタビューでは賛否両論?

試合を観ていた日本ファンはこのことについてどう思ったのでしょうか?

試合後に行ったライブドアニュースでは、パス回しについての支持が73%です。

けれども、こちらのアンケートでは意見が分かれていました。

本田圭佑、三浦和良、大迫勇也のコメント

海外メディアは批判が多い

さて、海外メディアでは日本チームについてどんな感想が出ているのでしょうか。

こちらは、かなり辛辣なコメントが多く批判する記事がほとんどです。

英BBCでは、北アイルランド代表のオニール監督が日本を辛辣に批判。

「他者の試合で何が起きるかに運命を預けるとは指導者としてびっくりする。
日本が好きだったのに、正直、次の試合でぼろ負けしてほしいと思う。」

英テレグラフ紙は西野監督はつくづくラッキーな人だと言ったあと、日本の決勝トーナメント進出は

「モノポリーでGoを通過して刑務所に行かなくてもよくなったようなものだ。
200ポンドもらう代わりにラスト16に入れたってこと。」

オーストラリアのニュース記事では

「日本はサッカーの試合に負けたが、それ以上に大切なものをなくした。尊敬だ。」

他にも、このような批判が各国から続々と。

「日本は後半戦最後の10分くらいまるで歩いているペースだった。とても恥ずかしい行動だ。」

「ワールドカップでこんなプレイをするなんて恥ずべきだ。」

「それまでも特に面白くなかったが最後の15分はあまりにも見苦しかった。
日本は予選を通過したものの、栄誉はのがした。」

「1982年のドイツを思い出させる卑怯なゲーム」と過去の試合を引き合いに出す声も。

中には、日本のやり方をほめられたものではないが、勝負とはそういうものだと擁護する意見もありますが、少数です。

BBCの記事でサッカー関係者6人に意見を求めた結果、批判が大半を占める中で、
「FIFAのルールが悪い」という人もいました。

唯一理解を示したのは元スコットランド選手でラジオ5ライブ担当のパット・ネヴィンです。

「日本が決勝トーナメント進出を逃していたら、みんなそれみたことかと笑っていただろ。
彼らはチャンスに賭けたのさ。

あんな試合は僕もきらいだ。
でももし日本が積極的に出て行って点を失ったりカードをもらったりしたら、みんなナイーブとか馬鹿呼ばわりするだろう。

実際のところ、サッカーにはこういうことが時々おきて、チャンスをつかまなければならないことがあるんだ。
セネガルが点を取っていたら、日本はおしまいだったけどね。」

そのセネガルですが、イケメン監督として世界中を魅了したシセ監督は?

「これもルールの一つだ。」とフィロフィカルに語っています。

まとめ

ワールドカップともなると、いろいろ熱が入って大変ですね。

ともあれ、これで日本は1次リーグを突破し、これから決勝トーナメント進出となります。

2010年南アフリカ大会以来の2大会ぶり3度目の1次リーグ突破ということで、まだまだサッカー熱は続きそうですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください