【最新版】ロンドンの人気アフタヌーンティーおすすめ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AfternoonTea

今週8月14日から20日までイギリスはNational Afternoon Tea Week なんだそうですが、ご存知でしたか?それにちなんで、イギリスの新聞が選んだロンドンのアフタヌーンティー10選の最新版をお届けします。

アフタヌーンティーとは?

イギリスで一度は楽しみたいアフタヌーンティー ’Afternoon Tea’ ですが、それって文字通り「午後に飲む紅茶」のことでしょと今さら思っている人のためにちょっと説明を。アフタヌーンティーというのはただのお茶ではなく、午後2時から5時くらいの間にいただく軽食のことで、ポットに入ったたっぷりの紅茶と共にサンドイッチ、スコーン、数種類のケーキをつまむというのが通常のメニューです。

元をたどると、19世紀のはじめイギリスでは朝食と夕食しか食べなかったため空腹を満たす目的で始まったと言われています。かのヴィクトリア女王も楽しんでいたというアフタヌーンティーはその後今日に至るまで英国人に、そして今では旅行者にも人気。

一口にアフタヌーンティーといっても、それを提供するカフェやレストランによって、雰囲気もメニューも、実にいろんな種類のものがあります。その中でもこちらではイギリスの新聞が選んだ、ロンドンのおすすめ10選をご紹介します。 ただ味だけを比べるのではなく、伝統的なものから一風変わったものまでバラエティに富んだセレクションになっているので、アフタヌーンティーならもう経験済みという人にも参考になるのでは。

ヘルシーなアフタヌーンティー:ブラウンズホテル ティートックス Brown’s Hotel’s Tea-Tox

ヴィクトリア女王もお茶を楽しんだという由緒あるブラウンズホテルのティールームではヘルシーコンシャスな人向けの「デトックス」ならず「ティー卜ックス」アフタヌーンティーが楽しめます。

ローカロリー、ローカーボ、ローファットを謳うメニューはビーツのクレープにアボガドとフムスのピューレ、ほうれん草のパンでできた味噌風味サーモンのサンドイッチ、ブルーベリー、メロン、パイナップルなどの果物にはちみつとヨーグルトをかけたもの、グルテンフリーのラズベリーとピスタチオのブラウニー、ホワイトチョコレートとラズベリーのチーズケーキ。そして、お茶は14種類から選べます。

おすすめ: ラズベリーとチョコレートブラウニーが絶品
Address: Brown’s Hotel, Albemarle Street, London W1S 4BP
Days and times: daily from 12pm-6.30pm
Cost: £55; champagne afternoon tea £65

トラディショナルなアフタヌーンティー:ザ・リッツ The Ritz London

ザ・リッツでは1906年からアフタヌーンティーを出していたということで、その伝統に支えられ今でもエレガントに着飾ったご婦人方に人気です。

スモークサーモンやハムのフィンガーサンドイッチ、レーズン入りスコーンに、ケーキがケーキスタンドに乗せられてサーブされます。

格調高い5つ星ホテルなので、ドレスコードがあり、男性はジャケットにネクタイが必須、ジーンズやスポーツウエア、トレーナーはご法度です。こちらでは夜の7時半に始まる時間帯で予約できるので夕食代わりにできるのもうれしいですね。

おすすめ: 焼きたてのスコーンが絶品。いちごジャムとクロテッド・クリームがついてきます。
Address: The Ritz, 150 Piccadilly, W1J 9BR
Days and times: daily 11.30am-7.30pm
Cost: £54, or £71 for a champagne afternoon

ファミリーにおすすめのアフタヌーンティー :ザ・ランガム The Langham

そびえ立つマーブルの柱や広々とした空間が伝統的な風格を感じさせる一流ホテルで雰囲気は抜群。その豪華な見かけに反して意外にも子供に人気のあるアフタヌーンティーが楽しめるのがここです。

ジグソーパズルの形をしたサンドイッチ、「クッキーモンスター」マカロン、色とりどりのチョコレートムース。それに子供一人一人にハムリーズのテディーベアまでもらえるんです。

おすすめ: 子どもたちが喜んだのがお菓子で飾られたアイスココア
Address: The Langham, 1C Portland PLace London, W1B 1JA United Kingdom.
Days and times: Daily 12.15pm to 5.30pm.
Cost: £27.50 per child. Wedgwood afternoon tea for adults costs from £49 per person.
予約: The Langham, London

おしゃれなアフタヌーンティー :スケッチ Sketch

メイフェアにあるアートギャラリーのようなレストラン、スケッチ。きれいなピンクのインテリアにドームになった天井で、お菓子の国に迷い込んだよう。スキャロップ型の椅子にヴェルヴェットのソファ、たくさんのアートに囲まれセッティングは申し分なし。

アフタヌーンティーはシャンパンから始まり、その次に紅茶を選びます。もちろんピンクのバラの花びらティーもあり。そして山盛りのサンドイッチ、ペイストリー、ケーキ、スコーンが出てきてお腹も目も保養できます。

追記ですが、ここの卵の形をしたトイレは有名なのでぜひのぞいてみてくださいね。

おすすめ: .大根とチャイブのリボンで飾られたベビージェムレタス、トマトのチャツネ、自家製マヨネーズのサンドイッチ
Address: 9 Conduit St, London W1S 2XG
Days and times: daily midday to 4.30pm
Cost: £58pp or £72pp with champagne.

紅茶のセレクションがいいアフタヌーンティー:フォートナム アンド メイソン Fortnum & Mason

有名なフォートナムアンドメイソンのティールームではスタインウエイのピアノからクラシックが流れ優雅な雰囲気でお茶が楽しめます。

メニューはフィンガーサンドイッチ(コロネーションチキン、特性チャイブマヨネーズ、スモークサーモン)スコーンに様々な種類のプチケーキ。

甘いものが苦手な人にはトマト味のスコーン、クレスとチーズなども選べます。トロリーに乗せられたケーキは全部食べ放題。

おすすめ: 10ポンドのオプションで付けてもらえるお茶の試飲セッションでお茶の歴史や正しい淹れ方などが学べる。
Address:Fortnum & Mason 181 Piccadilly, W1A 1ER
Days and times: Monday to Saturday 12-7pm; Sunday midday to 6pm
Cost: £44 – £48 dependent on choice of tea

ひと味違うアフタヌーンティー :ソーシャル Sosharu

こちらはなんと、人気の居酒屋風ジャパニーズレストランのアフタヌーンティーです。

サンドイッチの代わりにマグロやサーモンの手巻き寿司。甘味は、抹茶風味のラズベリードーナッツ、ココナッツとパイナップルのロールケーキ添えアイスクリーム、熱い魚の形をしたジャムの入ったパンケーキ(これってたい焼きのことじゃない?)

お茶はさまざまな日本茶から選べます。桜の花入り茎茶がおすすめということ。オプションでカクテルも頼めます。ゆず風味の「さび」プロセッコなど。

おすすめ: 斬新な味と風味の和菓子
Address: Sosharu 64 Turnmill St, London EC1M 5RR
Days and times: Monday to Saturday from noon to 4pm
Cost: £28 or £35 with a cocktail
予約:Sosharu

スペシャルオケージョンにぴったりなアフタヌーンティー:クラリッジズ  Claridge’s

エレガントながら形式張らずスタイリッシュでセンスのいいインテリアでくつろげるティールーム、ピアノとチェロが醸し出すBGMがゆったりと流れ、家族で、友人と、恋人とそれぞれ特別な一時を楽しむのにぴったりの場所。

ここのアフタヌーンティーの歴史は150年前にも遡り、予約を取るのが難しいため、日程の余裕を持っての予約が必要です。

こちらで楽しむことができるのはサンドイッチ(きゅうり、オーガニックチキン)極上のスコーン、洋梨やくるみの風味が漂うペイストリー、チョコレートとクリームブルレ。

おすすめ: 24種類から選べる紅茶の中のセカンドフラッシュマスカットダージリンティー
Address: Claridge’s, Brook St, Mayfair, London W1K 4HR
Days and times: tea is served daily between 2.45pm and 5.30pm
Cost: £58; champagne afternoon tea £68-£78

眺望が素晴らしいアフタヌーンティー:ザ・シャードのシャングリラレストラン Shangri-La at the Shard

ザ・シャードホテルの35階にあるシャングリラレストランからはロンドンの絶景が楽しめます。アフタヌーンティーのメニューはクラシックと東アジア風の2種類から選ぶことができます。

東アジア風メニューはよくあるサンドイッチではなく、ダークライブレッドを使ったビーツ風味のサーモンサンド、ココナッツ風味のクリームガトー、スコーンにはグーズベリージャムがついてきます。お茶の種類は30種以上、シャンパンも3種類から選べます。

おすすめ: スモークダックとココナッツ、ごま入りマンゴーライス春巻き
Address: Shangri-La at the Shard, 31 St Thomas St, SE1 3QU
Days and times: daily midday to 4pm
Cost: Classic English afternoon tea: £56, or £64 with a glass of champagne; Asian afternoon tea: £56, or £64 with a glass of champagne
予約: Shangri-La at the Shard, London

ロンドンをテーマにしたアフタヌーンティー:ホテルカフェロイヤル

5つ星ホテル、カフェロイヤルでは新しくロンドンをテーマにした「ロンドンロイヤルティー」をはじめました。

ゴールドのミラーで輝くインテリアが豪華なオスカー・ワイルドティールームはかつて文豪オスカー・ワイルドが常連だったことから名前がついたという由緒ある空間で、歴史を感じさせてくれます。

ロンドンをテーマにしているということで、ロンドン地下鉄の標識付マカロン、キングやクィーンにちなんだお菓子が出てきます。お茶のメニューも豊富で、ウーロン茶からハーブティーもあります。

サンドイッチはミートが中心でチョリソソーセージにオニオンとタイムがついたウエリントンスライスがおすすめ。ケーキは英国的なバッテンバーグケーキやラズベリーリージェントなど。

おすすめ: イノシシ肉のロールマスタード風味りんごのピクルス付
Address: Hotel Café Royal, 68 Regent Street, London W1B 4DY
Days and times: daily, from 12pm to 4pm.
Cost: £42 or £55 with a glass of Veuve Clicquot.
予約:Hotel Café Royal

お酒好き用 アフタヌーンティー:モンドリアンロンドンのワイルドティー

世界ベスト3のバーに選ばれたモンドリアンホテルのダンデライアンバーで楽しめる70年代スタイルのワイルドアフタヌーンティー。美味しいカクテルと共に4コースのアフタヌーンティーを満喫できます。

ドリンクはローズヒップとラベンダーの香りがするバーガモットリキュール、パイナップルと柑橘類のコーディアルなどがあります。食べ物はエルダーフラワー、きゅうりとハーブクリームのサンドイッチ、ベリー入りベイクド・アラスカなどいろいろ。

おすすめ: ロイヤルプロセッコカクテルピスタチオ風味レモンマシュマロ付の食前酒
Address: Mondarian London, 20 Upper Ground, Southwark, London, England, United Kingdom, SE1 9PD.
Days and times: Thursday to Sunday between 12-5pm
Cost: £55; £65 with champagne; £35 without booze
予約:Mondrian London

 

参照:Telegraph UK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.