仕事 Work

働く意識国際比較で日本は1人負け:上昇志向、自己研鑽、勤続意欲、転職志向

Work

「働く意識」について国際比較調査をしたところ、日本人は上昇志向がなく自己研鑽をせず、独立心が低く、勤続意欲が低いわりに転職意向も低く、ダイバーシティ需要度が低いという結果になっています。就業意識や成長意識に関して、日本は他のアジア・オセアニア諸国と比べて1人負けと言っていい状況。ますますグローバル化するビジネス界で日本の国際競争力低下が浮き彫りになり懸念されます。

続きを読む

外国人が働きたくない国日本はワースト2位:外国人労働者を受け入れる?

Businessmenwomen

英金融大手のHSBCホールディングスが発表した「外国人が働きたい国ランキング」で、日本は調査対象33カ国中32位と、ワースト2となりました。上位を占める先進諸国だけでなく日本はタイ、マレーシア、ベトナム、中国にも劣るという結果になっています。外国人にとって日本で働きたくない理由は何なのでしょうか。

続きを読む

コンビニで働く外国人を紹介する掲示板は人種差別、個人情報侵害か?

Seven Eleven

最近コンビニで働く外国人が急増しています。そんな中、Twitterに仙台のセブンイレブン店舗で働く外国人スタッフを紹介する掲示板が紹介され、それに対して「素晴らしい取り組み」だというコメントが多い中、「人種差別」に当たるかもということをつぶやいたらたくさんの反響がありました。多岐にわたる意見があり、私にも勉強になったたのでそのまとめを紹介します。

続きを読む

ハイヒールを職場で女性に強要:#KuToo運動が海外でも話題

日本の女性が職場でヒールやパンプスをはくことを強制されることについて#KuToo署名運動が起き、強制を禁止するように政府に訴えましたが、その訴えが退けられる結果となりました。遠い日本の小さなニュースだと思いきや、そのことを取り上げたのは世界中の大手メディアです。このニュースはどのように伝えられ、どのような反応をよんだのでしょうか。

続きを読む

ユニクロはブラック企業?海外社員の評判(オーストラリア)

ユニクロの雇用条件についてオーストラリア紙が2019年3月3日の記事で、「みんなが何らかのPTSDを抱えている:ユニクロの元従業員が悪質ないじめ文化について語る」というタイトルで報道しました。ユニクロ・オーストラリアでの雇用形態や虐待文化について従業員が精神を病んでしまうほどひどいということを取材を交えて紹介している記事です。

続きを読む

アグネス・チャンの子育てと熊本市議会の子連れ出勤比較

熊本市議会議員の緒方夕佳氏が生後7ヶ月の子供を連れて市議会本部に出席しようとし、子連れ出勤の是非や社会の子供と働く親への寛容性をめぐって議論がおきています。これを聞いて、30年前にあった「アグネス論争」のことを思い出しました。アグネス・チャンの子連れ出勤をめぐって、林真理子、中野翠、上野千鶴子といった著名人の論争がおきたのですが、若い方はご存知ないでしょうから紹介します。

続きを読む