社会生活 Society & Life

フェデラーのユニクロ契約金はいくら?ウィンブルドン出場シューズは。

Roger Federer

今年も始まった恒例のウィンブルドン・テニス選手権。これまでナイキを着ていたフェデラー選手が突如ユニクロのウエアを着て現れ話題を呼びました。同時にユニクロのファーストリテイリングはフェデラー選手と契約を結んだことを発表。フェデラー選手はどうしてナイキからユニクロに?そして気になる契約金はいくらなのでしょうか。

続きを読む

東京医科大学入試女子差別問題:外国からも非難の声【海外の反応】

Female doctor

先日は裏口入学の件で捜査を受けていた東京医科大学ですが、その捜査に相まって分かったことに、入学試験の女子受験者の点数を低く計算し、女性の合格者数が抑えられていたことがわかりました。裏口入学については不正には変わりないものの一個人の話でしたが、今回は女子学生全員に関わる問題です。あまりのニュースに日本国内ではもちろん、既に海外でも英語圏諸国をはじめ、フランス、インドなど様々な国で報道されています。

続きを読む

無痛分娩のリスク?キャサリン妃の場合とイギリスでの体験談

Baby

最近、無痛分娩のリスクについて日本で取り沙汰されているのを知りましたが、 「無痛分娩で母死亡、子に重い障害 今度は神戸 」その報道が不必要に不安をあおるものではないかと心配になりました。イギリスでは無痛分娩は普通におこなわれており、かのキャサリン妃もそうだと言われています。

続きを読む

シュリンクフレーション=Shrinkflationとはステルス値上げ?

Piggybank

最近、日本の友達が「ポテチの中身が減っている」と愚痴っていました。値段は変わらないのに、内容量が3分の2くらいになっていたそうです。これって実質値上げですよね、しかも気づきにくい。実はこのような現象は前からイギリスにもあって、「シュリンクフレーション」という造語まで作られています。

続きを読む

日本の消費税10%軽減税率8%は高いのか?英国では20%だが生活必需品はゼロ%

日本では2019年10月に消費税が10%に上がりました。10%という税率は高く感じますが、ヨーロッパ諸国などは20%以上というところも少なくありません。とはいえ、すべての商品に高い税金がかかるわけでもないのです。多くの国で軽減税率が導入されているし、イギリスでは食品や子供服などの生活必需品や教育医療文化など社会的に重要だとされる分野の消費税はゼロです。ここでは、例としてイギリスの消費税の仕組みをご紹介します。


続きを読む

中絶薬や避妊薬、イギリスで無料なのは男性が妊娠するから?

Pregnant man

イギリスでは避妊や妊娠出産、人工中絶などに関する女性への心身の医療サービスが整備されています。情報を得たり秘密で相談できたり、サービスへのアクセスも簡単で、原則として無料。そういうイギリスから見ると、日本ではこのような医療サービスや情報を得る物理的精神的なハードルが高いばかりか、コストがかかったり、そもそも承認されていなかったりして、女性がいかに不利な立場にあるかがわかります。これは女性に対する人権侵害に近く、とても先進国とは言えない状況にあるといえます。

続きを読む

性暴力の定義:セクハラ,痴漢,レイプ,強姦,準強姦,わいせつとは

伊藤詩織のBBC番組やセクハラについてなど、性暴力についての記事を書いていくうちに、様々な用語の定義があいまいになっていることがあるのに気が付きました。法律用語、または一般用語としての違いもあるし、出典によって少しずつ違う意味で使われていることもあります。英語を日本語に訳すときもどの言葉を使うのかあやふやなため、話が食い違ってしまうこともあります。そこで、性暴力関係の言葉の定義をまとめてみました。

続きを読む

同性婚日本と世界の現状:日本の自治体パートナーシップ制度とは?

勝間和代がカミングアウトして、そのパートナーとして名前があがった増原裕子は渋谷区の「パートナーシップ証明書」の第1号となった女性です。日本ではほかにも地方自治体に同様の制度を導入し始めましたが、パートナーシップ制度は同性婚とどう違うのでしょうか。ここでは合わせて、海外や日本の同性婚の現状などの情報をまとめてご紹介します。(2020年1月更新)

続きを読む

「SPA!」ヤレる女子大生ランキングへの海外の反応が厳しい

SPA! Cover

男性誌「週刊SPA!」が昨年12月25日号で女子大などをランク付けした記事が問題になりました。女性蔑視であるという批判が相次ぎ、記事撤回や謝罪を求める署名活動が広まり、大学当局も出版社である扶桑社に対して抗議。同社は今年になってから女性の尊厳に対する配慮を欠いた記事を掲載したことを謝罪しました。日本のふざけた男性誌がまた馬鹿なことをしたという「事件」でしたが、これが海外の数多くのメディアに取り上げられ、世界中で厳しい批判にあう結果となっています。ここで各国メディアの記事を紹介します。

続きを読む