社会生活 Society & Life

児童ポルノ漫画所有で逮捕される欧米とクール・ジャパン【海外の反応】

Manga

欧米諸国では児童ポルノに対する取締が厳しいのですが、18歳未満の子供を描写した漫画やアニメを保持しているだけで犯罪になるということをご存知でしょうか。実際に、2014年には日本の漫画ファンのイギリス人男性が児童ポルノ所持容疑で有罪判決になりました。イギリスだけでなく、同様の例は米国でもあります。

続きを読む

伊藤詩織勝訴ニュース海外と日本メディア報道の違い【海外の反応】

ジャーナリスト伊藤詩織が元TBS記者山口敬之から性暴力を受けたとして損害賠償を求めた民事裁判で勝訴したことは日本でも報道されましたが、イギリス、アメリカをはじめとする海外メディアでも同時に大きく報じられました。遠い外国の性暴力事件がどうして世界のニュースになったのでしょうか。海外メディアでの報道はこの事件に関与する背景なども詳しく説明されており、日本メディアでは報じられていない情報も語られています。

続きを読む

国会議員報酬世界ランキング:日本の議員給料は高すぎる?【国際比較】

Kokkai

「国会議員の報酬が高すぎる、消費税は上がるし庶民の生活は苦しくなるのだから、減らすべき」という声を聞くことがあります。日本の国会議員っていくら給料をもらっているのでしょうか。また、日本の国会議員の報酬を国際的に比較した場合はどうなのでしょうか。調べてみた結果を紹介します。さらに、立憲君主で議員内閣制をとっている点で政治形態が似ているイギリスとも比較検討してみました。

続きを読む

Twitterリプライを非表示にする新機能:スパムやクソリプ対策に

Twitterをやっていると、いわゆる「クソリプ」と言われるわけのわからない返信や、自分のツイートには関係のないスパムや宣伝めいたリプライが寄せられて困ることがありませんか。これまでは無視するか、あまりにひどい誹謗中傷の場合は通報したりブロックしたりする方法が使われていました。けれども、このほどツイッターはユーザーが不適切なリプライを非表示にする新サービスを日米に導入しました。

続きを読む

福島原発汚染処理水を海外放出?放射性物質問題と対策【海外の反応】

Fukushima Tank

福島原発にたまり続けている放射性物質を含む水について原田前環境相が「海洋放出しかない」とコメントし、国内外から注目を集めています。処理済みの汚染水であり問題はないという意見もあり、大阪市長は大阪湾での放出に協力する姿勢を発表しました。しかし、海洋放出には根強い反対意見が多く、原田前環境相のコメントは海外でも大きく報道されています。この「汚染水」は海洋放出しても本当に問題がないものなのなのでしょうか。

続きを読む

カワウソ「かわいい・飼いたい」日本のペット・カフェ需要が要因で国際取引禁止

スイス、ジュネーブで開かれた野生動植物保護のための国際会議で絶滅の恐れがあるカワウソの国際取引を原則禁止とすることが決まりました。この背景には、近年カワウソカフェやペットとしてのカワウソ需要が高まる日本への密輸が急増した背景があります。「かわいい」カワウソの様子をテレビやインスタ、YouTubeなどのSNSなどで見て日本でのカワウソ人気が急に広まったため、野生カワウソの数が減ってしまったのです。

続きを読む

Revolut(レボリュート)の仕組みや使い方:日本での口座開設はいつから?

Revolut

銀行って不便ですよね、あいている時間が短いしATMも時間制限や手数料があったり。最近はスマホ決済が広まり便利になったと思っていたら、不正利用問題で7Payが廃止に追い込まれたということで不安に思う人も出てきそう。そんな中、イギリスではRevolut(レボリュート)という便利なモバイルバンキングが広まっているので、その仕組みや使い方をご紹介します。スマホのアプリで使えるRevolutは今世界各国に海外進出していて人気上昇中。日本にも上陸するそうですが、いつからどんなサービスが使えるのか気になりますね。【2020年1月更新】

続きを読む

日本が商業捕鯨再開なぜ?海外の報道と外国人の反応まとめ

Whale

日本は2019年6月30日に国際捕鯨委員会(IWC)から正式に脱退。7月1日には早くも捕鯨船が出港し商業捕鯨を再開しました。日本近海で持続可能な方法で捕鯨を展開する方針です。このニュースはさっそく世界各国で広く報道され、批判的な声も多く上がっています。日本での報道は「31年ぶり、悲願の捕鯨船出港」などというトーンなのに反し、海外の報道はおしなべて厳しいものです。国内外で報道されたニュースや反応をまとめてみました。

続きを読む