イギリス王室 Royal Family

メーガン妃男児出産ハリー王子との第一子誕生情報:名前は?

イギリス王室ウィリアム王子の弟ハリー(ヘンリー)王子とメーガン妃の第一子誕生最新情報をお伝えします。
5月6日イギリス時間早朝元気な男児誕生とのおめでたいニュースです。ハリー王子自ら第一子誕生を発表する動画も公開。
赤ちゃんの写真と3人の動画もアップされ、名前も発表されました。【最新情報更新中】

続きを読む

雅子妃とダイアナ妃:悩めるプリンセスの共通点と違うところ

Diana Masako

令和初年5月1日に新天皇が即位ということで、日本はもちろん、海外でも新しい天皇がどんな人なのか、これからの天皇像というのはどういうものになるのかということが話題に上っています。新皇后となる雅子妃の話題も多くなってきており、心の病に苦しんできた雅子妃が皇后という責務につくことを心配する声も耳にしますが、その時に思い出すのがもう一人の「悩めるプリンセス」であったイギリスの故ダイアナ妃のことです。雅子妃とダイアナ妃には共通点があるのです。

続きを読む

メーガン妃妊娠、予定日は2019年春:英ハリー王子がパパに

Royal wedding

つい先日ユージェニー王女の結婚式で盛り上がったイギリス王室ですが、今度はハリー王子の新妻メーガン妃の妊娠が発表されおめでた続き。ユージェニー王女の式でもコートドレス姿のメーガンを見て「もしかして」といううわさが上がっていましたが、本当だったのですね。予定日はいつになるのでしょうか。

続きを読む

英ユージェニー王女結婚式ドレスの理由インスタで説明:背中の手術痕見せたかった

2018年10月12日にイギリスのユージェニー王女とジャック・ブルックスバンクとの結婚式がウィンザー城で行われました。王女のウエディングドレスは背中が大きくあいていますが、そのデザインを選んだ理由はユージェニー王女が「背中の手術の痕を見せたかったから」なのだそうです。普通、傷跡は隠すものなのにどうしてなのでしょうか?

続きを読む

英エリザベス女王92歳6月の公式誕生日近衛兵パレードでお祝い

Trooping the Colour

6月9日(土)に英国エリザベス女王の公式の誕生日のお祝いが行われます。実は女王には誕生日が1年に2度あり、本当の誕生日は4月21日です。どうして6月に誕生日を祝うのでしょうか。また、女王の公式の誕生日のお祝いはどのようなものなのでしょうか。キャサリン妃や新しく王室メンバーとなったメーガンをはじめとするロイヤルファミリーが勢揃いするシーンをご紹介します。

続きを読む

英ロイヤルウエディング総まとめ:ハリーとメーガン結婚式

Royal wedding

イギリスのロイヤルウエディング、見逃した人やあまり興味ない人、忙しくてそんなの見てられないという人のために結婚式当日の様子を140文字でまとめると:
ドレスはジバンシー、メーガン「夫に従う」と言わず、ハリー髭そらず、ハリー感激の涙メーガンはスマイル、黒人主教マイケル・カリースピーチ、黒人合唱隊黒人ゴスペルStand By Me歌う、黒人チェリスト、シェク・カネ―メイソン名演奏という感じ。とにかくこれまでの英ロイヤルウエディングになく「革新的な」結婚式についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

続きを読む

結婚式の子供ブライズメイドとページボーイ‐ロイヤルウエディング

Brides Maid

ハリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウエディングのブライズメイド6人とページボーイ4人のリストが発表されました。ジョージ王子とシャーロット王女の名前も入っています。ブライズメイドとページボーイはイギリスの結婚式ではお決まりとなっていますが、日本ではおなじみが薄いかもしれませんね。その意味、由来や役目、そしてこれまでのロイヤルウエディングでの子供たちの様子をかわいさ満載の画像と共に紹介します。

続きを読む

ロイヤルウエディングに見る王室の人気度ハリー王子やメーガンは?

The Royal Family Facebook

ハリー(ヘンリー)王子とメーガン・マークルの結婚式はイギリスだけでなく、世界中で注目されています。王室メンバーと言えども、ウィリアム王子に第三子が生まれた今ハリー王子は王位継承順位5位なのに、どうしてこのロイヤルウエディングに注目を集まっているのでしょうか。イギリス王室や世界の王室・皇室の人気度リサーチの結果も合わせてご紹介します。

続きを読む

メーガン・マークルのファッションは大人の日本女性のお手本

Meghan Markle Twitter

まもなくハリー王子と結婚してプリンセスとなるメーガン・マークルは、すでに公務にも積極的に参加してイギリス中でその人気が高まるばかり。さらに、36歳の女優ということで大人の着こなしが魅力のファッションセンスに注目が集まり、すでにインフルエンサーに。キャサリン妃や故ダイアナ妃などとも一味違う、彼女のファッションは一般女性がお手本にするのにぴったり。そして日本の仕事を持つオトナ女性にも学ぶところがあるのですが、その理由は?

続きを読む