イギリス UK

【イギリス総選挙2019 】②争点と情勢、ブレグジットのゆくえ

House of parliament

前回の記事では、イギリスの総選挙における各選挙区の選挙運動について紹介しました。今回はイギリス国土全体で行われる政党を主体にした選挙活動について述べます。また、2019年12月12日に行われる総選挙の争点や情勢、今回の選挙がどうして普段と違い、「戦略投票」が呼びかけられているのかを説明します。さらに総選挙が終わったあと、イギリスのEU離脱についてはどういうシナリオが待っているのかを予想します。

続きを読む

イギリスでは選挙カーも掲示板もなく静か【英総選挙2019】①

House of parliament

Brexitのごたごたで混迷を極めていたイギリス下院は解散し、12月12日に総選挙が行われます。選挙前になると日本では選挙カーの騒音に悩まされるのが常ですが、イギリスの選挙戦はとても静かです。選挙カーもないし、駅前で鉢巻をまいた候補者が道行く人にご挨拶といったようなこともありません。それでは、選挙活動はどのように行われるのでしょうか。

続きを読む

英エリザベス女王95歳の誕生日に引退し生前退位?

Queen

イギリスのエリザベス女王が2021年の95歳の誕生日を機に生前退位をして、チャールズ皇太子に譲位するのではないかという話が取り沙汰されています。高齢のエリザベス女王が最近公務を減らしていることや、女王の夫フィリップ殿下が95歳で公務を引退されたことなどからの推測ですが、直近では次男アンドリュー王子のエプスティーン・スキャンダルの話も引き金となっているようです。

続きを読む

イギリス料理が衝撃的:刑務所の飯がまずくて暴動が起こる【写真付】

(Picture : MEN Media)

「イギリスは料理がまずい」というのは定評となっていますが、最近は昔に比べるとかなり改善されてきました。けれどもそれはよりすぐった飲食店とか特におすすめのレストランに限ったことのようで、病院や刑務所などの食事はまだまだスタンダードが低いようです。最近そんなイギリスの刑務所で食事があまりにまずいので暴動が起こったという話まで聞きました。イギリスの刑務所や病院ではどんな食事が出てくるのか、おっかなびっくり写真を載せてみました。

続きを読む

イギリスの学校公立と私立の違い:私立は英語でパブリックスクール?

Private school

イギリスの教育制度については以前に紹介した記事がありますが、今回は公立学校と私立学校についての説明をします。イギリスの学校には公立と私立がありますが、私立学校についてはかねてから野党労働党などから不公平だという批判がありました。今回の党大会で、労働党が私立学校を廃止して公営化するという方針を発表したことがイギリスでは話題になっています。

続きを読む

ジョンソン首相議会閉会違法判決、英最高裁レディ・ヘイル長官と蜘蛛ブローチ

Lady Hale

ブレグジットを巡って大荒れが続いているイギリス。ジョンソン首相がブレグジット強行のために議会を閉会するという離れ業が非難されていましたが、その行為が違法であると訴えられ、イギリスの最高裁判所に持ち込まれていました。その結果が出た9月24日、判決を実に冷静で落ち着いた英語で読み上げる銀髪の女性にみんながくぎづけ。そのあと「Lady Hale って誰?」という声とともに蜘蛛ブローチについても話題がたえませんでした。

続きを読む

英国軍ラグビーチーム靖国神社参拝の理由:英大使になぜ叱られたのか

Yasukuni Shrine

日本ではラグビーW杯が開催中ですが、日本を訪問中の英国軍のラグビーチームが靖国神社を訪れ、駐日英国大使からお叱りを受けるという英紙タイムズの記事が話題になっています。英国軍ラグビーチームはどうして靖国神社を訪問したのでしょうか。また、このことが駐日英大使から叱責され、イギリスの新聞にスキャンダラスに取り上げられたのはどうしてなのでしょうか。

続きを読む

ボリス・ジョンソン英新首相はどんな人?経歴、性格、政治志向、家族、恋人

Boris Johnson

イギリスのメイ首相が辞任し、多くの予想通り新首相はボリス・ジョンソンに決定しました。イギリスでは知らぬものはいない「ボリス」とはいったいどんな人物なのでしょうか。その経歴や性格、家族、政治志向、これから彼がとるであろう政策の予測などについて紹介します。気になるのはBrexitがどうなるのかということですが、これについても彼のスピーチなどをもとに考察します。

続きを読む

イギリスSIMカードおすすめ:giffgaffは月6ポンドからで格安

イギリスに留学や長期滞在する方におすすめの現地SIMカード、私も家族も愛用しているおすすめスマホSIMプロバイダーのgiffgaff(ギフギャフ)を紹介します。安く、通信状態もよく、サービスも素早く、EU圏内でもイギリス国内と同じ条件で使えるということで、イギリスではたくさんの人が愛用しています。SIMカードを無料で送ってもらえ、チャージなどすべてオンラインで可能なのも魅力です。(2019年12月更新)

続きを読む