イギリス UK

メーガン妃妊娠、予定日は2019年春:英ハリー王子がパパに

Royal wedding

つい先日ユージェニー王女の結婚式で盛り上がったイギリス王室ですが、今度はハリー王子の新妻メーガン妃の妊娠が発表されおめでた続き。ユージェニー王女の式でもコートドレス姿のメーガンを見て「もしかして」といううわさが上がっていましたが、本当だったのですね。予定日はいつになるのでしょうか。

続きを読む

トランスジェンダーの受刑者女性刑務所で性暴行:カレン・ホワイトのケース

イギリスでトランスジェンダーとして自らを女性だと主張し女性用刑務所に収監されていたカレン・ホワイトが収監中に他の女性受刑者2人に性暴行をはたらき、無期懲役の刑を受けました。この事件はトランスジェンダーの受刑者をどのように扱うべきかという難しい問題をなげかけています。

続きを読む

英ユージェニー王女結婚式ドレスの理由インスタで説明:背中の手術痕見せたかった

2018年10月12日にイギリスのユージェニー王女とジャック・ブルックスバンクとの結婚式がウィンザー城で行われました。王女のウエディングドレスは背中が大きくあいていますが、そのデザインを選んだ理由はユージェニー王女が「背中の手術の痕を見せたかったから」なのだそうです。普通、傷跡は隠すものなのにどうしてなのでしょうか?

続きを読む

イギリスの新聞:一般紙/大衆紙階級によって購読者層が違う

Newspapers

イギリスの新聞はさまざま、同じニュースでも読む新聞によって扱われ方が全く違います。確固とした事実だけを伝えるものもあれば、ゴシップ中心のものもあり、どこまで信頼していいのかということもその背景を知らないとわかりません。また、読む新聞によってその人の階級や思想も大体わかってしまうので、知らないで選んだ新聞を見て変に格付けされたりもするので注意が必要です。

続きを読む

ノビチョク神経剤で死亡:元ロシアスパイ親子と同様の毒物、もう1人重体

6月30日にイギリスのエイムズベリーで意識不明で発見された男女は神経剤「ノビチョク」に浴びていたと発表されました。7月8日には1人が死亡と発表。ノビチョクは今年3月に元ロシアスパイのスクリパリ親子が浴びていたのと同じものです。スクリパリ事件と関係があるのでしょうか、また被害者はどんな人たちでどうしてノビチョクの被害にあったのでしょうか。加えて、ノビチョクとはどんな神経剤なのか、その種類や毒性、作り方を調べてみました。

続きを読む

英エリザベス女王92歳6月の公式誕生日近衛兵パレードでお祝い

Trooping the Colour

6月9日(土)に英国エリザベス女王の公式の誕生日のお祝いが行われます。実は女王には誕生日が1年に2度あり、本当の誕生日は4月21日です。どうして6月に誕生日を祝うのでしょうか。また、女王の公式の誕生日のお祝いはどのようなものなのでしょうか。キャサリン妃や新しく王室メンバーとなったメーガンをはじめとするロイヤルファミリーが勢揃いするシーンをご紹介します。

続きを読む

RHSチェルシーフラワーショー2018石原和幸日本庭園も

Chelsea Flower Show

今年も園芸大国イギリスの夏の風物詩、チェルシーフラワーショーがやってきました。RHS(イギリス王立園芸協会)の最大のフラワーショーで毎年5月に行われるもの。国内外の著名なガーデンデザイナーやプランツナーサリーが技を競ってショーガーデンやプラントディスプレイを披露するショー、2018年初日の様子をご紹介します。

続きを読む

英ロイヤルウエディング総まとめ:ハリーとメーガン結婚式

Royal wedding

イギリスのロイヤルウエディング、見逃した人やあまり興味ない人、忙しくてそんなの見てられないという人のために結婚式当日の様子を140文字でまとめると:
ドレスはジバンシー、メーガン「夫に従う」と言わず、ハリー髭そらず、ハリー感激の涙メーガンはスマイル、黒人主教マイケル・カリースピーチ、黒人合唱隊黒人ゴスペルStand By Me歌う、黒人チェリスト、シェク・カネ―メイソン名演奏という感じ。とにかくこれまでの英ロイヤルウエディングになく「革新的な」結婚式についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

続きを読む

結婚式の子供ブライズメイドとページボーイ‐ロイヤルウエディング

Brides Maid

ハリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウエディングのブライズメイド6人とページボーイ4人のリストが発表されました。ジョージ王子とシャーロット王女の名前も入っています。ブライズメイドとページボーイはイギリスの結婚式ではお決まりとなっていますが、日本ではおなじみが薄いかもしれませんね。その意味、由来や役目、そしてこれまでのロイヤルウエディングでの子供たちの様子をかわいさ満載の画像と共に紹介します。

続きを読む

ベス・チャトー「奇跡の庭 英国グラベルガーデン」作者逝去

Beth Chatto

イギリスの名だたるプランツウーマン/ガーデナーのベス・チャト―が2018年5月13日に94歳で亡くなりました。イギリス南東部エセックス州にあるベス・チャトー・ガーデンを作り上げ、ナーサリーで自ら育てたプランツを販売し、フラワーショーで数々の賞を獲得、またガーデニングの本を何冊も書き、国内外で講演も行った偉大なガーデナーでした。

続きを読む