ベス・チャトー「奇跡の庭 英国グラベルガーデン」作者逝去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Beth Chatto

イギリスの名だたるプランツウーマン/ガーデナーのベス・チャト―が2018年5月13日に94歳で亡くなりました。イギリス南東部エセックス州にあるベス・チャトー・ガーデンを作り上げ、ナーサリーで自ら育てたプランツを販売し、フラワーショーで数々の賞を獲得、またガーデニングの本を何冊も書き、国内外で講演も行った偉大なガーデナーでした。


プロフィール

名前:ベス・チャトー(Beth Chatto)
生年月日:1923年6月27日
死亡:2018年5月13日(94歳)
出身地:Good EasterEssex
死亡地:Elmstead Market Essex
職業:ガーデナー、プランツウーマン、ガーデンデザイナー
受賞:OBE(Order of the British Empire)
配偶者:アンドリュー・チャト―(Andrew Chatto)

ベス・チャトーは果樹園経営をしていたアンドリュー・チャト―と共通の趣味、ガーデニングを通じて知り合い結婚しました。

画家でガーデナーだったケドリック・モリス(Sir Cedric Morris)に師事し、1960年にチャト―家の果樹園だった土地を庭にするプロジェクトを始めました。

プランツの栽培、通信販売を始め、1967年にはプラントナーサリーを開いています。

ベス・チャトーと庭

Beth Chatto border
ベス・チャトー・ガーデンはチャト―家の果樹園があった土地に作られているのですが、当初は土が乾燥しすぎていたり、ある部分は水はけが悪すぎて雑木や雑草が生えるがままになっていました。そんな不毛な土地2ヘクタールをベス・チャト―は少しずつ庭にして行ったのです。

庭は土の質に合わせてエリアが分かれており、ドライガーデン、グラベルガーデン、ウォーターガーデン、ウッドランド、シェイドガーデンなどを、少しずつ作っていきました。

イギリスでは当時、ガーデニングというと華やかな花を植えせっせと肥料や水を施し、冬に枯れたプラントをすべて捨ててまた春に花を新たに植えるという、いわゆる「ベッディング」(bedding)と呼ばれる庭造りが主流でした。プラントを選ぶのも、その色や形に目を付け、それぞれの植物の適応性などはあまり考えなかったのです。

そんな時、ベス・チャトーはプラントそのもののエコロジカルな環境や適応性をリサーチし「適材適所」な植栽をしました。また、花の色やそのインパクトに注目するのではなく、季節を通じての植物全体の価値、花だけでなく葉や茎といったものまで考えて、自然のままにそこに生えているような、それでいて全体的に観て視覚的にも美しいボーダーデザインを心がけたのです。

彼女の庭はその環境に合わせて、それぞれに合った「適材適所」のプランツ、木、低木、宿根草、球根、グラウンドカバーが注意深く選ばれ植えられています。そして、植える前には土づくりをして環境を整えますが、植えてからはなるべく自然にまかせます。

グラベル(砂利)ガーデンは、もともと駐車場だった痩せて固くなった土をガーデンにしたものです。ここに曲線でできたボーダーを作り、乾燥した気候に強い宿根草、球根、オーナメンタルグラス(草)をナチュラルにアレンジし、土の上は砂利で覆うことによって雑草が生えるのを防ぎ、極度の乾燥を避けています。ベス・チャトー・ガーデンがある地方はイギリスでも降雨量の少ないところで、時には雨が何日も降らず、植物が枯れてしまうこともあるのですが、このグラベル・ガーデンでは水やりをしないで自然にまかせているのです。

ベス・チャトー・ガーデン・ナーサリー

このガーデンには広いナーサリーを併設しています。ここで栽培した様々な種類の苗が販売されていて、プラント好きにはたまらない宝島となっています。普通のガーデンセンターにはない珍しい品種のものがたくさんあって目移りするし、彼女のナーサリーにあるプラントはどれもみんな手入れが行き届いていてヘルシーなのです。

ここでずいぶん昔に買ったイカリソウ(Epimedium)が私の庭で今も咲いてくれています。家を引っ越した時も株分けして持って来ているので、3回の引っ越しにわたって大切にしているものです。今の庭でも株分けしてもっと増やし前庭にも裏庭にも数か所植えています。他にもこのナーサリーで買ったものはあるのですが、私の世話が至らなかったおかげで死んでしまったのです。このイカリソウだけは彼女の思い出とともに大切にしていきます。

思えば、ベス・チャトーはプランツを栽培してたくさんの人に販売することで、自らの愛と分身をイギリス中のガーデンに分け与えてくれていたのだなと思います。彼女が亡くなっても庭やプランツは残るって考えたら重い心が少しは軽くなる気がします。

ベス・チャトーとフラワーショー

ベス・チャトーはRHS(Royal Horticultural Society) 英国王立園芸協会のショーに1975年から展示を始めています。

この頃のイギリスのフラワーショーというものは、派手な色や形の花を並べたものがほとんどで、ベスが好んで栽培していたような自然の姿に近いプランツやオーナメンタルグラス、ファーンなどは珍しい部類でした。当初は「雑草」をショーに展示するとは何事かとびっくりされたそうです。ここ最近はナチュラリスティックなプラントやガーデンデザインが主流になってきましたが、その先駆けとなったのがベス・チャトーのディスプレイであったといっても過言ではないでしょう。

ベスの「珍しい植物」の展示は有名なRHSチェルシーフラワーショーで1977年から1987年まで(1983年は展示していません)10回連続でゴールドメダルを受賞しています。
チェルシーフラワーショーでゴールドを取るのは簡単なことではないのに、それを10回も取ったというのは、快挙と言っていいでしょう。

ベス・チャトーの著作や講演

Beth Chatto books
ベス・チャトーはガーデニングについての本をたくさん書いています。ほとんどはベス・チャトー・ガーデンを作った記録、自らの手で育てたプラントについて、ガーデン・デザインやプラントの自然環境についての実用的な本です。日本語になっている「ベス・チャトー奇跡の庭―英国・グラベルガーデンの式便り」をご覧になった方もいるのでは。

私も彼女の本(英語版)は何冊か持っていますが、その中でも1冊ほどお気に入りがあって、それは書簡集です。やはり私のお気に入りだったガーデナーであるクリストファー・ロイド(Christopher Lloyd)はベス・チャトーと仲良しだったのですが、この2人がお互いに向けて書いた手紙が「Dear Friend and Gardener」という本になっているのです。

クリストファー・ロイドと言えばグレイト・デキスター(Great Dixter)というこれまた有名なガーデンを作った人ですが、彼もすでに故人となっているので知る人は少ないでしょうか。この人は真っ赤なカンナや黄色いダリアなどを使ったトロピカル・ガーデンなどベス・チャトーのナチュラルなデザインとは違った庭造りをした人です。2人は庭の趣味は違っていましたが、プランツに対する愛情は共有していて、その2人が織りなす手紙は心温まるものでした。

ベス・チャトーはまた、プランツ、ガーデン、ガーデン・デザインについての講演もイギリス国内外で精力的に行っていました。

私も昔、RHS英国王立園芸協会が主催したベス・チャトーの講演を聞きに行ったことがあります。植物や自然に対しての博識ぶりやガーデン作りの経験談などとても面白く、またガーデン一筋のひたむきな情熱を気負いなくさらっと語る話術についついひきこまれてしまいました。

その講演会でベス・チャトーにサインしてもらった本はずっと大切にしようと思います。こちらは私のお気に入りの本でウッドランド・ガーデンについて書かれています。

ベス・チャトー・ガーデンに、古い木が生い茂るエリアに森に溶け込んだような自然のままのように見える、それでいて考え抜かれた「適材適所」の花や球根、リーフプランツ、ファーンなどをあしらったウッドランドガーデンがあるのですが、その庭について書かれた本です。

もちろん、個人の庭ではこれと同じ規模のウッドランドガーデンを作ることはできませんが、同じような環境の庭にどのようなものを植えたらいいのかということがわかります。当時私が住んでいた家の庭は大きな木がたくさんあり、日陰が多かったので、そういうところに何をどのように植えたらいいのか、この本から色々学んだものです。

 

Signature BC

 

ベス・チャトー・ガーデンへの行き方

ベス・チャトーが亡くなっても、彼女のガーデンはスタッフに引き継がれて安泰です。

イギリス旅行に来るのなら、ベス・チャトー・ガーデンへ行ってみませんか。
ロンドンから電車で1時間半くらい、そこからはタクシーに乗るのが便利です。

または、レンタカーを借りて行ってもいいでしょう。
その場合は、足を延ばしてグレイト・デキスターもぜひ訪れてほしいものです。

The Beth Chatto Gardens

Elmstead Market, Colchester, Essex CO7 7DB

3月1日から10月31日 月~土 9時~17時、日 10時~17時

11月1日から2月29日 月~土 9時~16時、日 10時~16時

列車:ロンドンLiverpool Street駅よりColchester Town またはColchester North駅まで約90分、North駅、またはColchester High Streetからタクシーで約15分

または、コルチェスターよりNo.76バス(Colchester to Clacton via Essex University) で約30分 Elmstead Market村降車、バスは1時間に1本

詳細はベス・チャトー・ガーデン参照

 

    

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.