「広瀬香美」事務所移転で名前使用禁止「石井麻美」が本名か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広瀬香美が5月28日に事務所を移転することを発表しましたが、これまで所属していた事務所「オフィスサーティー」が「広瀬香美」の芸名を使用して活動することを禁止すると発表しました。この名前は彼女が運営する音楽学校や合唱団にも使われていますが、すべての名前が使用禁止ということなのでしょうか。どういう経緯でこうなったか、前事務所が使用し始めた「石井麻美」という名前を使うことになるのか、調べてみました。


広瀬香美プロフィール

名前:広瀬香美(ひろせこうみ)
生年月日:1966年4月12日(52歳)
出身地:和歌山県その後福岡県筑紫野市
職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、ボイストレーナー
担当楽器:ボーカル、ピアノ
事務所:Muse Endeavor inc.
レーベル:JVCケンウッド・ビクターエンターテイメント
出身校:福岡女学院(中学・高校)、国立音楽大学作曲科
身長:165cm
血液型:O型
家族:1999年に俳優の大沢たかおと結婚したが2006年に協議離婚
2008年に米国人の一般人と結婚

広瀬香美は子供の時から音楽の才能に秀で作曲家を志して英才教育を受けたのち日本、米国でミュージシャンとしての勉学、活動を続けている国内屈指の音楽家です。

1992年に歌手デビューしてから「冬ソングの女王」としてヒット曲を次々に飛ばしました。広末涼子やももいろクローバーZなどへの作詞、作曲、音楽プロデューサーとしても多彩な活動を繰り広げ、国内外から評価を受けています。2012年から2年連続でNHK(Eテレ)「誰でも歌はうまくなる!~広瀬香美のボーカル・レッスン~」に出演していました。

現在は米ロサンゼルスに拠点を置き、ロサンゼルスの海の近くの超高級住宅街にある大豪邸に住んでいます。ロサンゼルスではラジオ番組レギュラー出演、執筆活動、ボイストレーニングを行うなど幅広い活動。日米など世界各地でコンサート活動を展開、日米の文化的交流の担い手を目指しています。

1999年には広瀬香美音楽学校(設立時の名前は「Do Dream」)を開校して独自のメソッドを使ったヴォイス・トレーニングやヴォーカル・レッスンを行っているほか、母校である福岡女学院大学で客員教授としても教えています。

また、2015年に「広瀬香美合唱団」を設立し、歌声で日本中に微笑みと健康を届けることを目的に運営、自らのコンサートで発表の場を提供しています。

広瀬香美事務所移転のお知らせ

広瀬香美は5月28日に自らのSNSで事務所移転を発表しました。

移籍先として広瀬香美は新しい事務所の名前を Muse Endeavor. inc(女神努力株式会社)としています。

移転の理由としては、
「これまで以上に、音楽家としての可能性を追求し、スピーディに力強く目標達成に挑む所存です。」と言っており、前事務所のことについては触れていません。

事務所が芸名使用禁止発表

広瀬香美の事務所移転発表から数日後、所属していたオフィスサーティーから広瀬香美が一方的に独立したと発表がありました。
同事務所は「弊社に許可を得ることなく、新事務所に移りました。」と語っています。

また、『広瀬香美』という名前については
「弊社代表取締役が命名した芸名であり、『広瀬香美』の芸名の使用権限は、弊社及び代表取締役に帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には『広瀬香美』の芸名を使用できません。」としています。

『広瀬香美』という芸名はデビュー当初、事務所をやめる際には使用できないという約束をしていたそうで、その文書も残っているということです。

オフィスサーティーでは、「広瀬香美」の名を使用した芸能活動の一切の禁止を求め「断固たる法的措置をとる」と言っています。

また、今後「広瀬香美」の芸名を使用した芸能活動を行った場合「これに加担した第三者に対しても、損害賠償請求の対象とすることを含め厳しい対応をとる」とまで言っているのです。

オフィスサーティーは東京と渋谷区にあるイベント企画・運営、音楽家マネジメントを事業内容とする株式会社で代表取締役は平野洋一となっています。

オフィシャルブログで活動休止の知らせ

さらに、広瀬香美のオフィシャルブログが5月31日に更新されました。

広瀬香美のOFFICIAL BLOG では「アーティスト活動休止のお知らせ」として5月31日付でこのようなお知らせが。

アーティスト活動休止のお知らせ

広瀬香美は本日を持ちまして、すべてのアーティスト活動を休止いたします。

即ち、株式会社オフィスサーティー所属アーティストとして「広瀬香美」の芸名で活動しておりました石井麻美は、2018年5月28日付けでインターネットにおいて「新たな事務所に移りました」等と発表しました。
弊社に事前の相談もなく、一方的な「独立宣言」を発表され弊社スタッフ一同、大変困惑しております。
「広瀬香美」は弊社代表取締役である平野ヨーイチが命名した芸名であり、「広瀬香美」の芸名の使用権限は、弊社及び平野ヨーイチに帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には、「広瀬香美」の芸名を使用できません。

それ故、広瀬香美は本日を持ちまして、すべてのアーティスト活動を休止いたします。

こちらの文は広瀬香美(石井麻美)本人ではなく前事務所のオフィスサーティーによるものと思われます。

「広瀬香美」というとしてのアーティスト活動を中止すると言っているのは彼女がこの名前で活動をすることを禁止していると見ることができます。

この「石井麻美」という名前が「広瀬香美」の本名なのかどうかは、今のところはっきりとわかりません。

一連の報道からファンは心配して応援のメッセージを送っています。
それに対して広瀬香美の力強い返事がアップされました。

まとめ

これまで「広瀬香美」という名前を当たり前に使っていましたが、これは前事務所の取締役がつけた芸名だったのですね。この名前で何10年も芸能活動を続けてきたばかりか、同名を使った音楽学校や合唱団まで作って活動してきた彼女なので、この名前が使えなくなるということは相当な打撃だと思います。

けれども「広瀬香美」という名前が、石井麻美、もしくはほかの名前になろうが、彼女の才能や現在の活動、今までの業績に違いはありません。
いっそのこと「冬の女王」にしては(それとも、これも前の事務所からクレームがつくのでしょうか)。

広瀬直美はこれまで長い期間、音楽活動のために努力を重ね、その才能を駆使して幅広い活動を精力的にしてきました。その活動は自らの音楽表現にとどまらず、日米の懸け橋としても、歌う楽しみをより広い層の人々に伝えるためにも広がってきました。

これまでの名前が使えなくなるとなるといろいろ複雑な問題があると思いますが、彼女らしいバイタリティーと不屈の精神で乗り越えて、これからも音楽活動を続けていってほしいと思います。
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください