ビートルズメンバー リンゴ・スターが「サー」爵位授与される、ポールに次ぎ2人目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Beatles Statue

元ビートルズのメンバー、リンゴ・スターがナイト爵位を授与し「サー」の称号がつきました。ビートルズのメンバーとしてはポール・マッカートニーについて2人目です。ビートルズの他の2人は勲章をもらっていないの、そもそもイギリスの爵位ってどうなっているの、貴族と同義語?と疑問に思う人も多いようなので、あわせて説明しますね。

イギリスの爵位

イギリスの爵位には大きく分けて2種類あります。
一つは世襲の爵位(hereditary peerage)で子孫に受け継がれます。
イギリス王室を頂点として公爵(Duke)、侯爵(Marqui)、伯爵(Earl, Count)、子爵(Viscount)、男爵(Baron)までの爵位があり、約750人くらいいます。

爵位を名乗るのは家長ひとりで、その爵位は代々最年長の子供が引き継ぐことになっています。

この爵位を持っている人とその家族のことを「貴族」と言います。

これに対して、世襲ではない一代貴族(life peerage)と呼ばれる人たちがいます。
これはイギリス国家への貢献度が高い人に対して授与されるものですが、本人一代限りで、出身階級にかかわりなく選ばれます。

選考はイギリス政府の選考委員会からの推薦によって行われ、君主(今はエリザベス女王)によって授与されます。

この爵位にはランクがあります。

  1. GBE ナイト・グランド・クロム
  2. KBE/DBE ナイト・コマンダー
  3. CBE コマンダー
  4. OBE オフィサー
  5. MBE  メンバー

このうち、上位の二つの「ナイト爵」は英国籍を持っていれば男性は「サー Sir」女性は「デイム Dame」の敬称を使うことができます。

サー・リンゴ・スター

Embed from Getty Images

今回リンゴ・スター(Ringo Starr)が受けたのはナイト爵位なので、名前に「サー Sir」がつくことになります。
77歳のリンゴ・スター(本名はリチャード・スターキー)は音楽界への貢献に加え、エイズ、人権、児童虐待などの慈善活動を評価されての受勲です。

ビートルズメンバーとしては1997年にナイト爵位を受けたポール・マッカートニーに次ぐ2人目のサーとなります。

「ファブフォー」と呼ばれたビートルズも生存者はこの2人だけ。
他の2人のメンバーはジョン・レノン(1980年12月8日死去)とジョージ・ハリソン(2001年11月29日死去)です。

ビートルズはメンバー全員が1965年に大英帝国勲章(MBE)を受けています。
この勲章は5番目のランクなので「サー」はつきません。
そのうちジョン・レノンは1969年にイギリスのヴェトナム戦争支持に反対して返上しています。

勲章を受けているミュージシャン

ほかに「サー」が付くミュージシャンにはどんな人がいるのでしょうか。

エルトン・ジョンは1995年、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは2003年に「サー」になりました。

U2のボノも2006年にナイト爵位を与えられましたが、国籍がアイルランドのため「サー」の称号は付きません。

「サー」が付かないCBE以下のランクのミュージシャンはもっといます。エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、カイリー・ミノーグなど。

エド・シーランも去年MBEをもらっています。

A post shared by Ed Sheeran (@teddysphotos) on

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.