セントパトリックデー(英語でSt Patrick’s Day)とは3月17日アイルランドの緑のお祭り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
St Patrics day

3月17日はセントパトリックデー、アイルランドの守護聖人セントパトリックを祝って世界中のアイルランド人がお祝いをするお祭りです。本場アイルランドだけでなく、イギリス、アメリカをはじめアイルランド人が移住していった各地でお祝いされる日。世界中で、何か緑色のものを身につけてお祝いする人がいます。


セントパトリックデーとは

セントパトリックデー(英語では「St Patrick’s Day」)はアイルランドにキリスト教を広めた聖人である聖パトリックの命日です。
カトリックの祭日でアイルランド共和国では祝祭日となっています。

アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれていて、1903年には正式な祝日となりました。

セントパトリック(聖パトリック)とは

聖パトリック(ラテン名はパトリキウス)の出身については諸説がありウェールズ、スコットランド、ローマなどと伝えられています。
16歳のときアイルランドの海賊により捕まりアイルランドに奴隷として売られました。
そこで6年間羊飼いとして働いていたとき神のお告げを聞き、それに従ってヨーロッパへ神学を学びに行きます。

その後、432年にローマ司教よりカトリック布教のためアイルランドに送られました。
その頃アイルランドではケルトのドルイド教が信じられていましたが、パトリックはアイルランド中を旅しながら各地にキリスト教(カトリック)を広めていき、12万人が回心したと伝えられています。
365の教会や修道院、学校建設に携わったほか、賛美歌もたくさん作りました。

セントパトリックの祈りのおかげでアイルランドから蛇を追い出してしまったという逸話も有名です。

461年の3月17日に亡くなったセントパトリックはアイルランドでは非常に慕われている聖人で、その命日がセントパトリック・デーとして盛大にお祝いされるようになったのです。

どうして緑?シャムロックの色

セントパトリックデーのシンボルカラーは緑色。
お祝いをする人はみんなグリーンで身を包んでいますが、これはどうしてなのでしょうか。

これはセントパトリックのシンボルであるシャムロック(shamrock)の色から来ています。
シャムロックというのはクローバーのような葉っぱが3枚に分かれている草のことです。

聖パトリックはキリスト教を布教するときにシャムロックの形が「三位一体」を表しているのだと説明しました。
ちなみに、「三位一体」というのは父と子(キリスト)と精霊が一体であるという考えのことです。

アイルランドや世界各地でのお祝い

本場アイルランドではセントパトリックデーは盛大にお祝いされます。
その中でも大規模なお祭りは首都ダブリン、またセントパトリックのお墓があるダウンパトリックです。

セントパトリックデーを祝うのはアイルランドだけではありません。

アイルランドは小さい国で総人口は約477万人ですが、その何十倍もの7000万人がアイルランドの血を引いていると主張しています。
アイリッシュ・ディアスポラと呼ばれるアイルランドからの移民はじゃがいも飢饉に代表される食糧事情の悪化などによって世界中に移り住んでいきました。
主な移住先はイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏です。

その結果、今では世界中でアイリッシュ系の人々がセントパトリックデーを祝うことになったのです。

イギリスでも各地でお祝いされます。

下記はキャサリン妃がグリーンのコートにシャムロックをつけてアイリッシュガードに挨拶しているところ。

Embed from Getty Images

日本でのお祝い

アイルランド人がいるところ世界中でお祝いされるセントパトリックデーですが、日本でも例年各地でイベントが行われてきました。

去年や今年はコロナ禍でイベントがなかったり縮小されているところが多いようです。

東京代々木公園アイラブ・アイルランド・フェスティバル(2022年は中止)

今年は中止。

通常はアイルランド関連イベントの中では日本最大級と言われる盛大なお祭りで、イベントで毎年たくさんの人が訪れます。

アイルランド音楽やアイリッシュダンスなどの公演が楽しめるほか、アイリッシュパブもオープンし、ギネスやアイリッシュウイスキーでセントパトリックデーをお祝いできます。

アイリッシュ雑貨を売るお店も出店、さらにステージでは音楽やダンスを楽しむことができ、ラグビーセッションなどアイルランドを体感することができるイベントです。

まとめ

アイルランド人は陽気でロマンチックで心の優しい人が多いです。

そして、お酒、音楽、ダンスが好きなことでも有名。

そんなアイリッシュと一緒にギネスを飲みながら、アイリッシュソングを歌って楽しくセントパトリックデーをお祝いしてみませんか。

アイルランドのナショナルカラーである「緑」のものを身に着けるのを忘れずに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Adsense




イギリスおすすめ格安SIMカード:giffgaffは月6ポンドから(£5クレジット付)

Get a free giffgaff Sim

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください