Passports

大坂なおみが2020年東京オリンピックに米国人ではなく日本人として出場することにしました。彼女は米国と日本の二重国籍を持ち、22歳の誕生日までにどちらかの国籍を選ばなければならなかったのです。いっぽう、2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロは日本生まれで両親が日本人なのにかかわらず、イギリス国籍を選びました。世界の多くの国同様、日本が二重国籍を許していれば、彼らは悩まなくてよかったのですが。【2019年10月更新】

続きを読む