タトゥー【海外の反応】イギリスやアメリカではどんな印象なのか、仕事は?入れ墨とどう違うの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は日本でも「タトゥー」と英語で呼んで、ファッション感覚で入れている人もいるようですが、まだまだ「入れ墨」というと抵抗がありますね。海外ではデイヴィッド・ベッカムやアンジェリーナ・ジョリーなど多くの著名人がしていたりしてかなり浸透してきているタトゥーですが、一般の人にはどう思われているのでしょうか。

タトゥーをしている人の割合

イギリスに長く暮らしていて感じるのですが、タトゥーをしている人がだんだん増えているなという印象です。特に若い人の間で。目に見えるところにあるタトゥーだけでなく、見えないところにあるものを含めたらもっと多いのではないかなと、調べてみました。

2015年に行われた調査では成人イギリス人の1/5がタトゥーをしているということです。40歳以下で、その割合は高くなっています。18~24歳で13%、25~39歳で30%の人がタトゥーをしています。性別でみると、男性が15%女性が22%で、女性のほうが多いんですね。

 

イギリスでタトゥーをしている人 年齢別の割合

アメリカでは、もっと多くの人がタトゥーをしていて、特に18から29歳といった若い人たちの間では半数近くとなっています。

アメリカでタトゥーをしている人 年齢別の割合

タトゥーをしている人に対しての印象

イギリスで、タトゥーをしている人に対する印象を調べた調査もあります。

「大きなタトゥーをしている人に対して(タトゥーをしていない人に比べて)よくない印象を持ちますか。」という質問に対して、全体でみると「印象は特に変わらない。」と答えた人が44%、印象がよくなると答えた人が3%。悪くなると答えた人が36%となっています。

この質問にYESと答えた人の比率は年齢に応じて上がっていきます。

18~24歳で17%、25~39歳で24%、40~59歳で36%、60歳以上で56%

60歳以上の人はあまりいい印象を持っていないんですね。

きのうは、「キャサリン妃がタトゥーを入れた!」という記事が掲載されイギリス人は驚いていたようでした。よく読むと、タトゥーといっても、すぐ消えるヘナ・タトゥーということで「ご心配なく。」というニュアンスです。若いとはいえ、やはりイギリス王室メンバーがタトゥーを入れるのはタブーなのでしょう。

一般的に言ってもタトゥーをしている人は労働者階級に多く、上流階級の人には珍しいという階級の差も歴然としてあります。

タトゥーをしていると就職に不利なのか

タトゥーをしている人で、若い時に気軽に入れたものの、職探しをするときに心配になる人もいるようです。実際に就職で不利になったりするのでしょうか。

イギリスでは法律では特にタトゥーについて定められていません。なので、タトゥーをしている人を雇うか雇わないかは雇用主が自由に決めていいわけです。例外としては、雇用をするときに人種や宗教において差別をしてはいけないということから、宗教上の意味合いのあるマークは認めるべきだとしています。(たとえば、ヒンドゥー教徒の女性が額につけるマークとかですね。)

業種にもよりますが、一般的には就職には不利になることが多いようです。

職業によっては、タトゥーを禁止している業界があります。例えば、スチュワーデスなどがそうです。また、小学校の教師も目に見えるタトゥーをしてはいけないことになっています。

ロンドン警視庁も「市民に悪い印象を与えるため」警察官に目に見えるタトゥーを禁止しています。すでにタトゥーをしている人はその旨報告しなければならないとのことです。

特に「禁止」と声高に言わないところでも、雇用主によってはタトゥーをしている人を雇うのをためらう人も多いようです。タトゥーが理由で仕事の面接に落ちることもあるし、隠れていたタトゥーが見えてしまったことで仕事をクビになったというケースも聞きます。

これは業界や雇用主の見解にもよりますが、タトゥーを施した場所やその種類にもよります。たとえば、手や顔にあるものはだめだけれども服で隠れるものなら許されるということが多いようです。

日本の入れ墨とタトゥーの違いは

日本では、タトゥーについてはイギリスやアメリカよりも抵抗がある人が多いと思います。入れ墨のイメージがあるからですね。

ちなみに日本の入れ墨とタトゥーは同じものなのか、違うものなのかという疑問がありますが、どうなんでしょうか。調べてみると、肌に針を刺して染料を入れるということでは同じことのようです。絵柄が和風か洋風かで違う言い方をする場合もあるようですが。

肌にさす針の入れ方が違うという説明もありました。入れ墨は針を深く刺すのに対し、タトゥーは浅く刺すというものです。そのため、タトゥーを入れた皮膚は平たいけれども、入れ墨を入れた皮膚は盛り上がるということです。

また、手によって行うのか機械で行うのかとか、染料の種類が違うとかといった手法の違いもあるようです。

どちらにしても、入れ墨もタトゥーも入れるときに痛みを伴うこと、一度入れてしまったら簡単に消すことができないという点では同じようです。

タトゥーをした外国人が日本に行ったら?

私は個人的には誰が何をしようか自由だと思うので、タトゥーをしている人を見ても特に悪いとは思いません。(ただ、タトゥーをするのは痛いそうなので、それを連想するといい気持ちはしないです。)

最近外国人で日本に旅行に行く人が多いですが、タトゥーをしている人たちが温泉やプールに行きたくなったら困るんじゃないかと他人事ながら心配です。

これから東京オリンピックに向けて外国人観光客が日本を訪れることが増えるでしょう。温泉などでは「入れ墨・タトゥーお断り」となっているところが多いですが、外国人だけタトゥーを許すというわけにもいかないでしょうね。タトゥーシールで隠せばいいというところもあると聞きますが、シールで隠せないほど大きなタトゥーを入れている人も多いし。

Ed Sheeran

Ed Sheeran (Source: Getty Images)

タトゥーを入れているエド・シーランはお忍びでフィアンセと日本に旅行に行ったそうですが、温泉には行かなかったのでしょうか?

家族風呂に仲良く入ったのかな。27歳にして大富豪となった彼なので、温泉を借り切ったのかもしれません。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください