イギリス人は日本の田舎がお好き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Japanese Countryside

前回、イギリス人がいかに田舎好きかをお話しました。 「イギリス人は田舎がお好き」今回はそんなイギリス人が日本に行ったらどうなるのか?というお話です。まず、日本というと「トウキョウ、キョウト、ゲイシャ、カプセルホテル」くらいしか思いつかないイギリス人はまず日本に旅行に行こうとはしません。興味はあってもわざわざ高いお金を出して行きたい国ではないのです。それでも、仕事でとか、知り合いがいるのでとかとか、日本のアニメとか剣道とかが好きだからとかいう理由で行く人はいます。短期間しか滞在せず東京、京都、奈良、広島、宮島といったお決まりのコースだけを見る人も多いのですが、それ以外の人が口を揃えていうのが「日本の田舎はすばらしい」ということです。

どんな田舎?

この場合の「田舎」というのは特定の場所ではなく、それぞれのイギリス人がたまたま行った地方なので、みんなちがうところ、北海道から九州にいたるまで日本にいくらでもある地方の村、町、島、山、海のことです。

別に日本人にとって特筆に値する場所でもなく、いわゆる観光地でもなく、どこにでもある単なる「田舎」です。(地方の何とかギンザみたいな町の看板だらけの景観などは別として)もちろんその田舎にお寺や神社があったり古くからの町並みが残っているところがあったらそれはそれで喜ばれますが、そういうものがなくても、ただ「自然」があるというだけでイギリス人には満足なんです。

そういう田舎を散歩したり、サイクリングしたり、人によってはバードウォッチングしたりして楽しめるのが英国人です。

観光名所よりただの田舎

私がイギリスで結婚したあと初めてオットを日本に連れて行ったとき、初めての日本だからあちこち見せてあげようと思い、ジャパングランドツアーを組みました。東京、日本アルプス、金沢、飛騨高山、白川郷、京都、奈良、広島、宮島といった具合です。

イギリス人なので、都会は程々にして自然がきれいなところも織り込んだつもりだったのですが、この行程をすべて終えたあと彼が一番気に入ったのは「海と山がある田舎の村」でした。何もない小さな村で海と山の麓までの距離が2キロくらいしかないところです。「海と山がこんなに近いなんて、こんなところはイギリスにはない」ということです、そういえばそうかも。

やはりイギリス人と結婚して何10年にもなる私の友人は青森県出身です。もうご両親も他界されていてごお姉さんが東京住まいなので、夫婦で日本に帰国するときは彼女は東京に帰りたいそうです。でも、イギリス人のご主人が東京はいやだ、青森に行きたいと聞かないのだそうです。バードウォッチングがお好きなご主人で、東北の田舎でずっとバードウォッチングをしていたいとのこと。

他の国際結婚組の日本人妻に聞いてもそういう話をよく聞きます。そもそも東京出身の奥様の場合、ご主人があまり日本に行きたがらないそうです。それに、家族で帰っても実家に全員が泊めてもらうスペースもないためホテル住まいになるため高くつくのでなかなか帰れないと言う人も。

日本の田舎は観光資源

日本のフツーの田舎というのは英国人観光客(他の国、たとえばフランス人なんかもそうかも)をよぶ観光資源になりうると思います。けれども、なにぶん日本人自体がそう思ってないようなので宣伝しないため知らない人が多いとこがもったいないなーと思います。

最近過疎化も進んできて地方自治体が都会に住む人をUターン、Iターンとかで移住してくるようにいろいろ宣伝をしているようですが、それを外国人観光客にまで広げたらいいんじゃないかな。

もちろん観光客はあくまで観光客で移住するわけではないので過疎化を食い止めることはできないにしろ、少しは観光収入が入るでしょう。それに、海外からわざわざ人がくるということで、地元の人の自信や郷土愛につながったり、一般日本人の田舎に対するイメージの改善にもつながるんじゃないでしょうか。日本人って外国人、特に欧米人の考えをなるほどと見習う習性があるし。

日本の田舎を旅行して

最近、私たちも帰国時に家族で日本のあちこちを旅行してきて、改めて日本の地方の美しさを再認識しました。

自然がきれい、空気が澄んでいる、食べ物が新鮮、道が混雑しない、車が少なくて安全、人が親切。それに加えて、すごく僻地に行かない限りは交通の便がそれほど悪くなかったり、コンビニがあったり、温泉もあちこちにあって、旅行者にとってけっこう便利だったりすることもわかりました。

そして、それなのに人口が減りつつあるんだろうなと思われる寂しげな村や町をたくさん見ました。あちこちに空き家があったり、ホテルやレストランがつぶれていたり。

一方、都会では多くの人が欧米人にウサギ小屋と呼ばれる狭いところに住んで、マスクをかけて満員電車に乗って長時間労働をしているのはどうしてだろうと、イギリス人かぶれした私は怪訝に思うのです。こんなにきれいでゆったりした田舎があるのに、どうしてみんな田舎に住まないのかなと。もちろん、仕事がないからというのが大きな理由なのでしょうが、今の世の中、パソコンとネット環境さえあれば困らない人も多いと思います。

イギリスから日本の田舎へ移住予定

さて、東京生まれ東京育ちの友人でイギリス暮らしが長い女性がいますが、イギリス人のご主人が来年定年になるのを機に2人で日本に移住する計画を立てているそうです。

彼女もご主人もやっぱり日本の田舎で暮らしたいそう。でも2人とも東京以外をあまり知らないのでどこに住んだらいいのかわからず、色々リサーチをしています。彼女は寒がりなので冬でも比較的暖かいところ、それからご主人は地震が怖いので、なるべく地震が少ないところ。車を運転したくないので交通の便があまり悪くないところと探していて、福岡の郊外あたりにしようかと話していました。

なるほど、福岡空港へは最近ヨーロッパ便も飛んでいるので便利かもしれません。私も年をとったら日本で暮らそうかな、その時のための田舎探しをするのもいいかもね。

私は温泉があって、お魚がおいしい海の近くがいいなー。

「ここがおすすめ」というところがあったら教えてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.