ジャパンレールJRパス日本人の利用には10年以上の海外在留証明が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
JR Pass

ジャパン・レール・パス(Japan Rail Pass)、略して「JRパス」と呼ばれるパスは外国人が日本を訪問する際に使えるJRパスです。10年以上海外に住む日本人も2023年末まで使えることになっているのですが、条件として海外在住期間が10年以上であるという証明が必要です。厳密に言うとどのような人が使えるのか、そしてどんな手続きが必要なのかを説明します。


ジャパン・レール・パス

Japan Rail Passについては下記の記事に紹介しているので参考にしてください。

JRパス(ジャパン・レール・パス)海外在住日本人使用不可の撤回

上記記事にも書いたように、海外在住邦人の利用ができなくなるという発表があったあと、反対署名運動がおきました。

そのかいもあってか、海外に10年以上住んでいる人に限り、日本のパスポートを持つ人でも期間限定でJRパスが使えるようになりました。

JRパス発売期間と引き換え期間

まず、今回の決定はあくまで「一時的」なものでずっとというわけではありません。

利用資格を満たす日本人がJRパスを利用する場合のタイムスケールは次のとおりです。

  • 日本国外での引換証の発売期間2023年12月31日まで
  • 日本国内での引き換え期間2024年3月30日まで

これ以降の発売については、改めて発表する予定だということなので、このあとどうなるかはまだわからず、JRの発表を待つしかありません。

2017年6月からの利用資格

利用資格としては、日本国の旅券及び「在留期間が10年以上であることを確認できる書類で、在外公館で取得したもの等」が必要になります。

この「10年以上」というのは、引換証購入時点で「10年前の同じ月」以前が有効となります。

(例)2019年10月1日に引換証購入の場合「2009年10月」以前のものが有効

(たとえば、2009年10月1日〜10月31日は「2009年10月」となるので有効)

必要となる確認書類

  1. 在外公館が交付する「在留届の写し」(在留届けの受付日付が10年以上前のもの)
  2. 在外公館が発行する在留証明(現住所に住所を定めた年月日として10年以上前の年月が記載されたもの)
  3. 特例としてアメリカ、ブラジル、カナダに限り在留国が発行する永住カード(当該国に10年以上在留していることが記載されたものに限る)

ということなので、米国、カナダ、ブラジル在住の人は該当する永住カードがあればOKです。それ以外の国に住む人は少し面倒になります。

なお、「在留届の写し」及び「在留証明」は交付または発行から6ヶ月以内のもののみ有効なので注意してください。

さらに注意が必要なのは、「在留届の写し」や「在留証明」を発行してもらう際の「日付」がジャパンレールパス購入の前であることが必要とされていることです。

在英大使館の場合、「在留届の写し」を発行してもらう際に、赤の日付入りスタンプが押されていました。この日付がレールパス購入の日付より前でなければならないそうです。

同居家族

同居家族がいる場合ですが、同居家族の在留期間が10年以上であれば同居家族についても一通の「在留届の写し」があればいいとされています。

同居の子供

JRパス引換証購入の時点で在留期間が10年に満たない小児(12歳未満)は「在留届の写し」において「在留期間が連続して10年以上である人」と同居していることが確認でき、その人と一緒にJRパスを利用する場合は利用資格を満たすということです。

イギリスで購入する場合

アメリカ、カナダ、ブラジルなどはいえ移住カードがあればいいのですが、それ以外の国では在外公館が発行する「在留届の写し」または「在留証明」が必要となります。

イギリスの場合は、在英大使館は幸いわかりやすい情報を専用サイトで提供してくれています。

在英日本大使館に10年以上前に在留届を提出している場合

「在留届の写し」を申請(無料)

必要書類:パスポート及び英国滞在許可を確認できるもの(ビザ、BRPカードなど)

在留届の提出日がわからない場合は大使館に問い合わせると教えてくれます。在英日本大使館の在留届係(電話:020-7465-6551)まで照会してください。

(私もいつ提出したか覚えてなかったので、メールで問い合わせました。その日のうちに大使館から電話があって教えてもらえました。たいへん迅速で丁寧な対応でした。)

在留届を提出している場合は「在留届の写し」を郵送または窓口で申請すると発行してもらえます。

「在留届の写し」郵送での申請

「在留届の写し」の申請は、必要書類を当館在留届係宛に郵送することでできます。

在留届の同居家族欄に記載されている家族分も同時に申請できますが、その場合は、通常の書類に加え、申請される同居家族の旅券の人定事項頁の写しも同封しなければなりません。

「在留届の写し」は、在留届に記載された住所以外には送付することができません。旅券番号や現在の住所を証明する書類と在留届に記載されている情報が異なる場合は、事前にオンライン在留届等にて変更する必要があります。

【必要書類】

  1. 在留届の写し交付申請書 ※同居家族分を同時に申請する場合は申請者全員分が必要
  2. 旅券の人定事項頁の写し ※同居家族分を同時に申請する場合は申請者全員分が必要
  3. 現在の住所を証明する書類(写し)
    • 電気・ガス・水道または固定電話の請求書または契約書
    • 英国国内の銀行のステートメント
    • TVライセンスの請求書
    • Council Taxの請求書
    • 英国の運転免許証
    • NHSメディカルカード(現住所の記載のあるものに限る。)
  4. 必要な切手貼付の返信用封筒(封筒には在留届に記載されている住所を予め記載)

【郵送先】

JR Pass, Consular Section, Embassy of Japan
101-104 Piccadilly, London W1J 7JT

「在留届の写し」窓口での申請

日本大使館に本人が出向いて申請することもできます。

ロンドン在住の人には便利ですが、遠いところに住んでいる人にとっては、大使館があいている平日にロンドンに出向くことは簡単なことではありません。

スコットランド、イングランド北部に住んでいる人はエディンバラ領事館に行くことができます。

また、大使館はたまにですが、マンチェスター、テルフォードなど日本人補習校があるところで出張領事サービスを行っています。

タイミングがあえば、この出張サービスを利用して必要書類を取得することができるかもしれませんが、これも一部の人にしか利用できませんね。

「在留届の写し」も「在留証明書」の申請も事前の予約などは必要なく、大使館に行けば1時間くらいでできるそうです。

ロンドン在英日本大使館

開館時間 09:30-16:30 (大使館休館日を除く月曜日~金曜日)
領事班電話番号:020-7465-6565 (代表)
電話受付時間 09:30ー18:00

ちなみに、在英日本大使館は休館日がかなり多いので注意が必要です。遠いところから高い交通費をかけて行って閉まっていたらがっかりですよね。

大使館は日本の祭日とイギリスのバンク・ホリデー二重取りのようで、月曜日が休館日になることが多いので、事前に確認しておきましょう。

なお、ロンドン大使館での窓口申請はオンライン予約制となっているので、事前に予約(申請枠)を取る必要があります。

在留届提出が10年以内や提出していない場合

「在留証明書」を申請(有料)

必要書類:10年以上住んでいることが確認できる書類(賃貸契約書、銀行のステートメント、公共料金請求書など)

パスポート及び英国滞在許可を確認できるもの(ビザ、BRPカードなど)

ただし、ジャパン・レール・パス購入のためには、購入者1名につき1通の在留証明が必要とされています。(同居家族をまとめて証明する形式では購入できません。)

在留証明の申請については大使館のページに詳細が載っています。

在エディンバラ日本国総領事館

スコットランドやイングランド北部に住んでいる人はエディンバラ領事館を利用できます。

管轄地域:スコットランド全域及び北イングランドの下記カウンシル地域:

Cumbria, County Durham, Darlington, Gateshead, Hartlepool, Middlesbrough, Newcastle upon Tyne, North Tyneside, Northumberland, Redcar and Cleveland, South Tyneside, Stockton-on-Tees, Sunderland

在エディンバラ日本領事館

Edinburgh Consulate-General of Japan
2 Melville Crescent, Edinburgh EH3 7HW, U.K.
電話:(44-131)225-4777

2重国籍保持者の場合の注意

外国籍と日本国籍両方を持つ子供の場合ですが、イギリスなど外国のパスポートを使って日本に入国する場合は外国人としてジャパンレールパスを使用することができます。

ジャパンレールパス引き換えの際、外国のパスポートに入国スタンプがあることを確認される場合があるので、注意が必要です。日本のパスポートも保持している場合、入国の時に日本のパスポートで入国するように言われることがあるようです。日本のパスポートは保持していないとか期限が切れているとか言って外国のパスポートに入国スタンプを押してもらう方がスムーズでしょう。

日本のパスポートを利用するのなら、その人の「在留届の写し」も必要になってきます。「在留届の写し」は同居家族の場合、1枚の用紙に記入してもらえるので、同時に申請するのがいいでしょう。

まとめ

日本へ一時帰国する際に、家族でジャパンレールパスを使ったことがあるのですが、とても便利でした。

日本国内をJRで移動する必要がある人には便利でお買い得なパスなので、使える人には利用をおすすめします。

JRパスについての詳細は下記の記事を参考にしてください。

JRパス(ジャパン・レール・パス)海外在住日本人使用不可の撤回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Adsense




イギリスおすすめ格安SIMカード:giffgaffは月6ポンドから(£5クレジット付)

Get a free giffgaff Sim

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください