ロンドンマラソン仮装ランナーの画像まとめ 今年はギネス記録になるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は4月22日に行われるロンドンマラソンですが、毎年観客の目を楽しませてくれるのは変てこな仮装をして走る人達。チャリティーのために走る人たちがほとんどですが、怪獣やスパイダーマンなどのコスチュームをはじめ、缶詰、電話ボックスと摩訶不思議なものに変身する人まで。これまでどんな仮装が現れたのか、そして今年はどんなものが予想されるのか画像付きでご紹介します。

ロンドンマラソン2018

ロンドンマラソンは1981年に「市民のマラソン」大会を目指して創設され手から毎年行われている一大イベント。2018年度は4月22日日曜日に開催されます。

世界の強豪が競うマラソン大会として有名なのはもちろんですが、観光都市ロンドンの名所を巡るルートと一般ランナーやチャリティーランナーが多く参加し、応援に駆け付ける人も他に占める行事となっていて、毎年約75万人ともいわれる人出となります。

イギリスは4月といっても涼しいのが普通ですが、今年は例年になく陽気が続ていて数日前に気温が29度にまで上がりました。マラソン当日はそこまで暑くならないようですが、平年より高温(20~25度)になりそうです。

そのためもあり、毎年着ぐるみの仮装で走る参加者たちに「暑くなりそうなので気を付けてください。」とロンドンマラソン当局は注意を促しています。そんな仮装走者にはどんな人がいるのでしょうか。

 

チャリティーランナー

ロンドンマラソンはカテゴリーによってさまざまな参加枠がありますが、その中にチャリティー枠というのがあります。イギリスはチャリティーが盛んな国だけあって、ロンドンマラソンでも1000を超えるチャリティー団体に対してチャリティー枠を確保しているのです。ロンドンマラソンは世界最大のチャリティーイベントしてギネスブックに載ったこともあるほど。「市民のマラソン大会」を目指すロンドンらしいですね。

このチャリティー枠で参加するランナーたちはその多くが観客の目を引くために様々な仮装をして走ります。少しでも自分たちが応援するチャリティーに関心をもってほしいという気持ちの表れですが、チャリティーをする自分自身も、それを応援する人も楽しんでロンドンマラソンを盛り上げようとしているのです。

中には花嫁花婿の衣装で走ってマラソンの途中で挙式を挙げたというカップルも。

これまでの仮装走者

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

今年はどんな仮装が?

今年も100人に近い走者が仮装に挑戦するそうです。

今年の仮装はどんなものが現れるのでしょうか? わかっているだけでもトイレ、鉛筆、パディントン・ベアー、うんこの絵文字というのがあるそうです。

過去、何度も仮装してロンドンマラソンに出場し、ギネスレコードも持っているジェズ・アリンソンさんによると、今年は暑くなりそうなのでギネスレコードを破るのは難しそうだと言っています。

仮装するとその中は温室のようになるため、とにかく暑いそうです。衣装を着るだけでも暑いのに、それでマラソンを走らなければならないので仮装ランナーは大変。

Embed from Getty Images

スターウォーズのファンであったジェズ・アリンソンさんは去年ストームトルーパーになって走りました。

この衣装で走った去年のタイムは4:59:12でした。これはスターウォーズ役でマラソンをした世界記録としてギネスブックに載っています。
今年は暑くなりそうなので、この記録を破るのは難しいだろうと予想しています。

「今年は、記録よりも、コース途中で立ち止まってたくさんの人と話をしたい。
そしてチャリティーに協力してもらうんだ。」といいます。

「見ている人に笑ってもらうのがうれしくて走っているのだから。
特に子供が彼を見て反応を示すのが一番の喜びなんだ。」と語っていました。

もちろん、楽しいだけではありません。去年はこの衣装で走ったおかげでチャリティーのために20,000ポンド(約301万円)集めたのです。
仮装をして5時間近くも走り続けたかいがあったというものですね。

まとめ

世界の強豪が記録を競う競技としてのロンドンマラソンばかりでなく、一般市民や観光客まで巻き込んで一緒にお祭り騒ぎをして楽しもうというイベント。

そして楽しみながらチャリティー活動をして笑いと共に募金活動を支えてもらうというやり方はユーモアスキのイギリス人らしくていいですね。

今年はお天気も良くて絶好の外出日和となりそうなので、例年にも増して盛り上がるのではないかと思われます。

関連記事

ロンドンマラソン2018コース地図や参加選手情報 日本川内の結果予想は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください