大坂なおみ全米オープンのブーイング理由【動画】海外メディアから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月8日に行われた全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみがセリーナ・ウィリアムズに勝ち日本選手初のグランドスラム制覇の快挙を果たしました。この試合ではセリーナがペナルティを受けたことで主審と言い合う顛末があり、表彰式でもブーイングが起きて大坂なおみが泣いてしまうというハプニングがありました。どうしてこんなことになったのか、その理由を動画と共に見ていきましょう。


全米オープン決勝戦と表彰式【動画】

決勝戦でセリーナが受けたペナルティ

決勝戦で、大坂なおみはセリーナ・ウィリアムズを圧倒するパワフルなプレイを見せてくれましたが、セリーナがゲーム・ペナルティを受けたことで後味の悪い試合となってしまいました。

1つ目はコーチング

きっかけは第2セットでセリーナが観客席のコーチからコーチングを受けたと警告されたことです。グランドスラムではコーチングが違反となっているのですが、観客席にいたコーチがセリーヌにジェスチャーでアドバイスを与えたのを主審のラモスに見つかってしまったのです。その時、セリーナは「私は勝つために不正なんかしない、そんなことするくらいなら負けた方がまし。」と抗議しました。

2つ目はラケット

そのあと、セリーナはサービスゲームを奪われた際にラケットを叩け付けたことで、さらに警告を受けました。これで2回目の違反ということでポイントが課されてしまいます。このことでセリーナはラモス主審に語気荒く、猛抗議しました。

「私はコーチングを受けていなかったし不正をしていない。あなたは謝るべきよ。」
「あなたはうそをついている。謝るべきよ。さあ、謝って。ごめんなさいと言って。」
「私からポイントを奪うなんて、泥棒じゃないの。」

3つ目は暴言

そして、ラモス主審はセリーナが乱暴な言葉を発したとしてさらにペナルティを課したのです。これは3回目の違反なのでゲーム・ペナルティとなり1ゲームを失うことになります。この一連のハプニング中、観客からはセリーナを応援し、ラモス主審を非難するブーイングが続いていました。

そして、試合は大坂なおみのストレート勝ちになり、セリーナにとっても彼女のファンにとっても悔しい結果となったのです。セリーナは出産からの復帰後ようやく本調子になってきたところで、全米オープンでの24回目の優勝をみんなが待ち望んでいたのですから。

男女差別のダブルスタンダード

試合後のインタビューで語ったところによると、セリーナは審判やテニス界のダブルスタンダードについて抗議したと言っています。

「男性選手なら少しくらいの暴言を言っても許されるのに、女性が同じ言葉を口にしたらペナルティになるのは不平等だ。私は女性選手の権利のためにたたかった。」

全米オープンの前に行われた全仏オープンでセリーナは黒のキャットスーツを着たことについて注意を受けていました。テニス選手にふさわしくないユニフォームだという理由です。その後セリーナはチュチュを付けたユニフォームを着用しています。

また、全米オープンでは、フランスの女性選手がコート上でシャツを脱いで着直したことを注意されるということもありました。彼女はシャツを前後逆に着ているのに気が付いてさっと着直したのです。その下にはスポーツブラをしていて特に問題があるようには見えませんでした。男性選手はよく上半身真っ裸になって着替えをするのに、女性だとどうしていけないのかと話題になっていました。

海外の反応

今回の暴言についてのセリーナの抗議もこういうテニス界のダブルスタンダードに対してのものだったのでしょう。これについては、その後のメディアやテニス関係者の意見感想を見る限りセリーナに同意する人が多いようです。

けれども、ラケットをたたきつけたことについてはペナルティは仕方がなかったし、コーチングについてもルール違反であることは間違いないのです。セリーナのコーチもコーチングをしたことを認めていますが、誰でもやっていることだとも言っています。セリーナはコーチのジェスチャーを見ていなかったので抗議したのかもしれませんが。

ラモス主審については、抗議するセリーナに対してもう少しうまく対応するべきであったのではないかという声もありますが、同時にセリーナも自身の怒りをコントロールすべきであったのではないかという意見があります。

国際テニス連盟は試合後にラモス主審の対応を「誠実であり、判定はルールに沿っていた。」として支持する声明を発表しました。これに反し、女子テニス協会は男女差別があったとしてセリーナ・ウィリアムズを擁護しています。なお、3つのペナルティーを受けたセリーナは、罰金として17,000ドル(約188万円)を科されることになりました。

表彰式【動画】

表彰式でブーイング

試合後の表彰式では、司会者が話し始めると同時に観客席からブーイングが聞こえてきました。それを聞いた大坂なおみはあふれ出る涙をサンバイザーで隠しています。隣に立っていたセリーナがそれに気が付いて大坂なおみの肩を抱いて慰めます。どうして晴れの表彰式でこのようなブーイングが起こったのでしょうか。

まだ20歳で無名の大坂なおみに比べ、セリーナ・ウィリアムズは大スターです。表彰式の観客のほとんどがセリーナのファンで、彼女の勝利を望んでいました。それが、3度のペナルティを受けポイントとゲームまで取られてしまい、試合にも負けてしまったことでファンは不満だったのです。なのでこのブーイングはセリーナにペナルティを課した審判や大会の在り方のせいで彼女が納得のいく試合ができなかったことに対する不満を表したものと考えるのが妥当でしょう。

セリーナと大坂なおみのスピーチ

その後、セリーナはスピーチで語りました。
「なおみのプレイは素晴らしかった。そして、彼女にとってはじめてのグランドスラム優勝になる。もうブーイングはやめて、功績をたたえましょう。おめでとう、なおみ。」

そして大坂なおみはスピーチでこう言いました。
「あなたたちがセリーナに勝ってほしかったことはわかっています。こんな終わり方になって残念です。でも試合を観てくれてありがとう。
セリーナと全米の決勝で試合ができて夢がかなってとてもうれしいです。セリーナ、ありがとう。」

最期には観客から2人に大きな拍手と歓声が起きていました。

トークショーに出演した大坂なおみ【動画と和訳】

全米オープンの決勝戦のあと、アメリカのテレビトークショーに出演した大坂なおみが決勝試合と表彰式についてインタビューに答えています。

Q: 全米オープンの優勝おめでとう、どんな気持ち?

A: トークショーは初めてなの。夢みたいだけど、少しずつ実感がわいてきています。

Q: あなたは3年の時アイドルはセリーナ・ウィリアムズと作文に書いたそうですね。子供の時からのアイドルとプレイするとき、どう思いましたか?

A: コートに行くときはちょっと震えていましたが、いざコートに立ったら、セリーナとしてではなく、1人のテニス選手として戦うことができました。

Q: 決勝試合ではセリーナと本審のいざこざがあったけれど、一部始終を知っていたのですか?

A: 試合中は何が起こっているかわからなかったんです、背中を向けていたので何も聞こえなくて。気がついたらペナルティになっていました。
審判に向けてのブーイングが起こった時、それが自分に向けて、または試合の成り行きについてのブーイングなのかと思い、悲しくなりました。
自分もセリーナの長年のファンだったので、聴衆がセリーナに勝ってほしいと思う気持ちがよく分かって、感情的になってしまったんです。

表彰式では、セリーナが私が泣いているのに気がついて慰めてくれたのはうれしかった。
表彰式でブーイングが起こった時、みんなが悲しんでいるのがわかりました。それで感情的になって、謝らなければならない気持ちになったんです。

Q: セリーナと審判のやり取りについてはどう思いますか。

A: 詳細をまだよく理解していないので、私の意見を言うことはできないけれど、何が起きたのかをこれから詳しく知りたいと思っています。

Q: スタジオにお母さんが来ていらっしゃいますね、ご家族はどのように言っていますか?

A: 両親は誇りに思っていると言ってくれます。母は泣いていました、父はクールだけど。姉も喜んでくれています。

I am sorry は謝罪だった

表彰式で大坂なおみが「I’m sorry it had to end like this」と言ったことを私は謝罪ではなく「残念に思います」という意味だととらえていました。けれども大坂なおみのインタビューの答えを聞くとこれはやっぱり謝罪の「ごめんなさい」だったようです。「apologize」と言っていますから。

大坂なおみはもちろん自分が勝ちたかったには違いないけれど、セリーナのファンがセリーナに勝ってほしかったということがよくわかっていたんですね、それで謝らなければならない気持ちになったのでしょう。それは、大坂なおみ自身にとってセリーナは子供のころからの憧れのスターであったからファンの1人としてみんなの気持ちが痛いほどわかったということなんですね。そんな複雑な気持ちをまだ若い大坂なおみはうまく処理することができず、感情的になってしまったのも無理はないと思います。そして、その思いを率直に表彰式で表したことでセリーナファンの観客にも共感を与えることができたはずです。

まとめ

テニスと言えば紳士淑女のスポーツの代表で、主に白人が活躍してきた世界ですが、その中で長年にわたって成功をおさめてきたセリーナ・ウィリアムズ。女王の座に上り詰めるまではさまざまな苦難があったことでしょう。現に20年前彼女がデビューしたての頃は「ブラックのテニス選手」ということで反発を持つ人もいたのです。女性であるということ、ブラックであるということは日々の暮らしでも、テニス選手としても差別や偏見と無縁ではあり得ません。セリーナ・ウィリアムズが今回の試合で主審に厳しい言葉をもって非難したのも、これまでに受けてきた様々な経験が影響を与えていることは想像に値します。

そしてハイチ系ブラックと日本人を両親に持つ大坂なおみも米国では少なからず差別や偏見にあってきたのではないかと察します。大坂なおみがセリーナ・ウィリアムズをアイドルとあがめて憧れてきたのはそういう共通点があることも大きいでしょう。そんな2人が全米オープン決勝という大きな試合で対決し戦った、そしてセリーナがペナルティを受けて気まずい試合、そして表彰式となってしまい、大坂なおみの初のグランドスラム優勝に影を落とした形になってしまいました。けれども、表彰式でセリーナが大坂なおみを祝福し、大坂なおみがセリーナに感謝した様子は、年ほど違え同じような境遇にある女性同志が共に戦っていこうとする姿にも、セリーナが大坂なおみにバトンを渡す姿にも見えました。

関連記事

大坂なおみはハーフ母が日本人父がハイチ系米国人、国籍選択は?
大坂なおみ全米オープン優勝/セリーナ・ウィリアムズのペナルティと表彰式のブーイング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください