トランプ、日本人記者に「英語がわからん」動画と国内外の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Trump NBC News

米中間選挙の後の記者会見でトランプ大統領に質問した日本人記者に対してトランプは「シンゾーによろしく」と言ったあとで記者の質問に対して「何を言っているか分からん」と語りました。それについて日本人と海外の反応の違いが対照的だったので動画と共にご紹介します。


日本人記者の質問とトランプの反応(動画)

日本人記者が経済について質問しようとしたところ、途中でそれを遮ってトランプは「どこの出身?」と聞きました。記者が「日本」と答えると「シンゾーによろしく。」と言います。苦笑した日本人記者が続けて日本との貿易や経済問題について質問するとトランプはやおら「私はあなたが何を言っているのかわからない。」と言ったのです。

記者が今一度質問を繰り返そうとするとそれを遮って「日本との貿易のこと?」と聞き、記者が「そうです」と言うと、日本との貿易について一方的にぺらぺらと語り始めました。

「日本は素晴らしい国で偉大な首相がおり、その首相と自分はいい友達であるが、日本はアメリカに安い関税で車を輸出してくる。それで貿易赤字が問題となっていてそれは不公平である。」というようなことを一通りしゃべってこの質問については終わりとなりました。

海外の報道と反応

Newsweekでは記者会見の様子について説明した後、トランプ大統領が日本人記者の英語について「何を言っているのかわからん」と言ったことを伝えています。また、同じ記者会見で「中間選挙でモスリム女性が2人選ばれたことについてどう思うか」と尋ねた外国人アクセントのある女性記者に対しても同じように「何を言っているのかわからん。」と言ったとも書かれていました。

(ところで、ここで英語で「アクセント」というのは日本でいう音の強弱と言う意味ではなく、日本語で言うと「訛り」のことです。英語では外国人や地方の訛りなど、固有の発音の差異を「あの人の英語はアクセントがある」と言うのです。)

同様にHuffpostの記事でも、トランプと日本人記者の一連のやり取りについて記述がありますが、こちらでは日本人記者へのトランプの答え方についてレイシストだとか無礼であるという批判コメントが相次いだということを伝えてそのいくつかを紹介しています。

また、この記事では他にもNewsweekに書かれていた女性記者に加え、レバノン人の記者に対しても「言っていることがわからない。」とトランプ大統領が言ったことを伝えています。

私はこのマリナ・ファングという(多分中国系の)女性の感想に共感しました。

このことについては本当に腹が立つ、なぜなら私の母がアクセントのある英語を話すことでけなしたり馬鹿にしたり無視したりする人たちを見て育ったからだ。たくさんの移民やその子供たちがこのような体験をしていて、その記憶は一生消し去ることができないもの。

外国人の英語アクセント

イギリスに住む日本人として私も少なからずこういう経験をしてきたのでこの人の気持ちがよくわかります。日本人は文法が正確で語彙が豊富な英語力がある人でも、ネイティブのような発音ができない人が少なくありません。これは日本の英語教育の不備でもありますが、日本語にない音が多い英語を中学生になってから学習する日本人には難しい問題なのです。生まれつき耳がいい人(音楽に秀でている人に多い)やよほど意識して発音矯正トレーニングをしたら別ですが、一般的には英語の発音は日本人には難しく、イギリスに長く住む私もアクセントがあります。それでもそれは大きな問題ではなく、イギリスの職場で支障なく働くこともできていたのであまり気にすることもありませんでした。

そもそも英語は国際語として通用している言語であり、多くの外国人が英語を使ってコミュニケーションをしているのですから、様々なアクセントの英語があって当たり前です。英語を母語とするイギリス、アメリカ、オーストラリアなどだけをとってもその発音はそれぞれ違うし、イギリス国内でも地方や階級によって異なるアクセントの英語を話します。たとえばロンドンの人は生粋のスコットランド訛りの英語を理解することは難しいのです。

しかし、少なくともイギリスのある程度の常識がある人なら、自分とは違うアクセントのある英語を話す人に「あなたの言っていることがわからない」などと面と向かって失礼なことは決して言いません。懸命に相手の言っていることをわかろうとするし、どうしてもわからないときは「すみませんが、もう一度言ってください。」と聞き返すでしょう。そして、話し手も相手がわからないということを意識してなるべくゆっくりわかりやすいように話すでしょう。

それを記者会見というたくさんの人がいる場で、ただ「あなたの言っていることはわからない。」と唐突に言うのは失礼極まりない言い方です。米国の大統領とあろう人がするべき態度とはいえません。英語を母語とする人にとっては外国人が英語をしゃべってくれるのが当たり前になっていて、自分たちは他の外国語ができないのを棚に上げて高慢な態度で外国人の英語を値踏みするのは不公平の極みという気がします。

また、仮にこれがイギリス人やカナダ人記者だったらどうなんでしょうか。いくらトランプでも「イギリス訛りの英語はわからない」とは言わないでしょう。同じ記者会見でトランプは他の非白人記者2人にも同じように「言っていることがわからない」と言ったということもあり、この点がトランプ大統領に差別意識があると言われるゆえんです。それを無意識にやっているようで、自分では純粋にわからないからわからないと思っているところが逆に問題です。

もちろん当の日本人記者のことを言うと、米国で大統領の記者会見にのぞむからには、より分かりやすい英語を話すように学習することは必要でしょう。それにしても、この件について日本人のコメントが「英語のできない記者を送るな」「日本の恥」というものが多かったのは、トランプに対して批判的なものが多い英語でのコメントと対照的でした。この記者を批判している人たちがどれだけ英語に精通しているのかはわかりませんが、少なくとも私にはこの記者の英語は、聞こうとする態度を持って聞けばわかるものだと思いました。

イギリスやアメリカのような移民、外国人が多い国では様々な英語を聞く機会が多く、それに慣れれば外国人アクセントのある英語でも理解できるようになるものですが、そういう努力をはじめからしようとしない人たちも一定数います。少しでも「よそもの」臭のある人に拒否感を示す人たちで、そういう層は移民に反対し「愛国」的な信条を語ります。トランプはかねてから外国人の英語が聞き取れないとか、外国訛りのある英語を馬鹿にしているとか言われていますが、こういう層の人達の代表と言えるでしょう。

日本でも「ワタシ中国人アルヨ」などと訛りのある日本語を馬鹿にするような言い方をする人がいますが、これに似ていますね。自分たちは外国人の言葉がわからないのに、外国人が自分たちの言葉を多大な努力を費やして学習し話してくれるのを感謝すべきなのに、それが完ぺきではないと言って馬鹿にしたり見くだしたりするのは、実に恥ずかしいことだと思います。

トランプはCNN記者ともバトル

トランプ大統領が記者会見でもめたのはこのことばかりではありません。民放CNNのジム・アコスタ記者ともメキシコからの移民についての質問で対立しました。アコスタ記者が移民問題の後さらに質問を続けようとしたところ、他の記者を指名したトランプに指示されアコスタ記者からマイクを取り上げようとした女性スタッフの腕に彼の手が当たりました。アコスタ記者は「すみません」と謝ったのですが、これを見ていたトランプは「CNNはお前のような無礼なものが働いていることを恥ずべきだ。」と強い口調で批判しました。

記者会見後、このことでアコスタ記者はホワイトハウス記者証を取り上げられ、ホワイトハウスへ出入り禁止となりました。CNNはこの件についてアコスタ記者を擁護し「大統領の報道への攻撃は行き過ぎである。危険であり、米国的でない。」との非難声明を発表する事態となりました。

まとめ

トランプ大統領の記者会見での一連の言動を見ていると、とても大国の大統領とは思えない器量の狭さが伺える印象です。外国人記者に対する対応だけでなく、自らに批判的な質問をする記者に対しての扱いがあからさまに手厳しいところが見て取れます。これについては米国民の中からも多くの批判の声が上がっています。自国の大統領を尊敬できない国民にもつらいところがあるでしょうが、批判すべきところは批判する人たちがたくさんいるというところに米国の良識があるということでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Michiko Miller より:

    日本人の話す英語に慣れた人ならあの記者の質問 分かったと思うけど、彼のアクセントは耳障りだった。どこのmedia の記者ですか? 重要なポジションなので もっと優秀な人材もいるのではないでしょうか? 日本の恥です。

    1. さよ より:

      同感です。ひどいアクセントで、相手を苛つかせる話し方。日本人が聞いても下手すぎるのが明らか。
      大統領にインタビューする記者があれでは日本の恥。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください