大坂なおみ決勝戦敗退:東レ・パンパシフィック試合後のインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
US Open

テニスの全米オープンで4大大会シングルスでセリーナ・ウィリアムズを破り日本勢初制覇を果たした大坂なおみ。凱旋試合となる『東レ・パンパシフッィク・オープン・テニストーナメント2018』(東レPPO)に出場するため、9月13日にアメリカから日本に到着しました。試合はいつどこで行われるのでしょうか。試合の予定などの情報、チケット購入方法、出場予定者、テレビでの報道予定、またこの大会関連の行事予定などをご紹介。【新情報追記】大坂なおみは決勝戦で惜しくも敗退。試合と試合後のインタビューの様子を追記しました。


東レ・パンパシフィック・オープン2018

東レ・パンパシフィック・オープン(PPO)は9月17~23日に開催されます。メイン会場は例年は有明コロシアムですが、こちらは現在2020年東京五輪に向けて改修中。今年は東京・立川のアリーナ立川立飛での開催になります。約1万人を収容できる有明コロシアムに比べ、収容人数が3000人と小規模な会場です。

東レ・パンパシフィック・オープンのカテゴリーはテニス4大大会、プレミア・マンダトリー、プレミア5に次ぐプレミア700で、優勝者は470ポイントが獲得できます。賞金総額は79万9000ドル(約8897万円)となります。

  • 予選は9月15(土)~ 16日(日)
  • 本戦は9月17(月・祝)~ 23日(日)

大坂なおみは19日以降登場

東レPPOでは、出場選手中上位4選手がシード扱いになります。全米オープン優秀で世界ランキング7位となった大坂なおみは第3シードで、19日以降の2回戦からの出場。

【大坂なおみは決勝戦で敗れ準決勝】

初戦から準決勝まで快勝

9月19日2回戦で大坂なおみは世界ランキング29位のスロバキアのドミニカ・シブルコワと対戦。
6-2、6-1のストレート勝ちで準々決勝を決めました。

9月22日の準決勝ではイタリアのカミラ・ジョルジと対戦。彼女はWTA37位でノーシードから立ち上がってきた選手です。この試合でも大坂なおみは着々とプレイし、6-2、6-3のストレート勝ちでベスト4、決勝戦への進出を決めました。

決勝戦でプリスコバ相手に苦戦

9月23日最終日のシングルス決勝戦で大坂なおみは2016年の全米準優勝者で世界ランク8位の強敵、チェコのカロリナ・プリスコバに相手と対戦。

ファーストサーブを決めるなど順調はスタートを切った大坂なおみですが、第5ゲームでダブルフォールトなどのミスが出てブレークされ、苦戦しました。第1セットをプリスコバにとられた後、第2セットとなりましたが、再びミスが続きます。

Embed from Getty Images

第9ゲームではラブゲームでブレークとなってしまい、最終ゲームの最後の方はもはや負けを受けいれたようになって、大坂なおみはサーブを追わずして終わってしまいました。結果的に6-4、6-4のストレートでの完敗となりました。

Embed from Getty Images
優勝したチェコのカロリナ・プリスコバ(Karolina Pliskova) と大坂なおみ

プリスコバ選手にとっては初制覇でツアー今季2勝目、通算11勝目となり優勝賞金13万7125ドル(約1550万円)を勝ち取りました。

試合後のインタビュー

決勝戦後の記者会見の質問に答え大坂なおみは「プリスコバ選手が本当に素晴らしい試合をしていて、サーブもよかった。私はあまり深くを考えずにプレーしていて、ミスもあった。」と語りました。

また、全米オープン直後のタイトなスケジュールについては「このところ休む暇がなかったので、とても疲れを感じている。」

「疲れを感じていて試合でも本当はもう少し体を曲げて打ち返せていたところができていなかった。」と漏らすが、

「USオープンでもこの大会でもいい試合が続けられて誇りに思える1週間だった。」と前向きな感想を語りました。

今シーズンのこれからの希望を聞かれ「シンガポールでこれまで以上にいい試合がしたい」と抱負を語る大坂なおみ。

最後にリラックス方法は何かと聞かれた彼女は「本当に言っていいの?」と言いつつコンビニとプレイステーションだと漏らしました。
ずっと自分の部屋にこもっていたのでコンビニに朝ご飯を買いに行きたいのだそうです。
また、普段はプレイステーションでリラックスしているのに、日本で滞在中のホテルのインターネットがうまくつながらなくて、できていないとも語りました。まさかそれでリラックスできなくてストレスが溜まっていたということはないだろうかとちょっと心配になってしまいました。

出場予定者

大坂なおみのほか、主な出場予定者には下記の選手がいます。(WTAランクは9月10日付、予定変更になる場合もあります。)

  • キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)WTA2位 2017年東レパンパシフィック優勝、2018年全豪オープン優勝
  • アンゲリク・ケルバー(ドイツ)WTA3位 2018年ウィンブルドン優勝
  • キャロリン・ガルシア(フランス)WTA4位
  • カロリナ・プリスコバ(チェコ)WTA8位
  • スローン・スティーブンス(米国)WTA9位 2017年全米優勝、2018年全仏優勝
  • ガルビネ・ムグルサ(スペイン)WRA14位 2017年ウィンブルドン優勝

チケット購入情報

試合のチケットの一般販売は6月30日(土)10時から下記のプレイガイドで販売しています。

  • イープラス
  • 楽天チケット
  • ローソンチケット
  • チケットぴあ
  • Yahoo!チケット
  • セブンチケット
  • CNプレイガイド
  • サンライズプロモーション東京

チケット購入リンクはこちらです。

チケット価格はは試合日や席によって異なりますが、4000円から21000円まで。
早割やセット券も用意されています。

試合会場情報

場所:アリーナ立川立飛(たちかわたちひ)

住所:〒190-0015 東京都立川市泉町500番4

電車アクセス:

  • 西武新宿線「玉川上水」駅より多摩モノレール「多摩センター」行き「立飛」駅下車徒歩1分
  • 立川駅より徒歩3分、多摩モノレール「立川北」駅より上北台方面3駅目下車
    ⇒多摩モノレール「立飛」駅より徒歩1分

バス:立川北口より10分(4番乗り場「立飛東門経由玉川上水駅南口行き」)
⇒「立飛駅」バス停下車徒歩1分

駐車場:アリーナ立川立飛には駐車場がありません。

試合の放送予定

東レパンパシフィックオープン2018の本戦はWOWOWで生放送されます。

9月17日(月・祝)~23日(日)の本戦第1日から最終日までメインアリーナで実施する全試合が生放送。

【WOWOW放送予定】

  • 第1日:9/17(月・祝)午前10:45~シングルス1回戦(WOWOWプライム無料放送)
  • 第2日:9/18(火)午前10:55~シングルス1回戦(WOWOWライブ)
  • 第3日:9/19(水)午前10:55~シングルス2回戦(WOWOWライブ)
  • 第4日:9/20(木)午前11:55~シングルス2回戦(WOWOWライブ)
  • 第5日:9/21(金)午前11:55~シングルス準々決勝(WOWOWライブ)
  • 第6日:9/22(土)午前11:55~シングルス準決勝、ダブルス決勝(WOWOWライブ)
  • 最終日:9/23(日・祝)午前10:45~シングルス決勝(WOWOWライブ)

WOWOWを利用していない人は下記リンクのWOWOWホームページからアクセスし視聴申し込みをすると視聴できます。電話加入もネット加入も可能です。

加入料や初期費用はかからず、初月は視聴料が無料になるお試し企画があるので利用してみてもいいですね。加入翌月から月額視聴料が2300円(税込み2,484円)かかります。ただし、この場合2ヶ月目にならないと解約できません。

WOWOW加入申し込みはこちら

WOWOWに加入するとすべての番組がパソコン、スマホ、タブレットなどの端末でいつでもどこでも無料で視聴できます。(WEB会員ID登録が必要、一部利用できない機種もあり)

申し込みをしてから視聴できるまで15分程度時間がかかるということですが、手続き状況によってはもっと時間がかかることも予想されるので早めの手続きをお勧めします。

大坂なおみコーチのテニスセミナー

Embed from Getty Images

大坂なおみのコーチ、サーシャ・ベイジンとは

サーシャ・ベイジンは去年の秋から大坂なおみのコーチを務めていますが、それまでにも女性プロテニス界の有名プレイヤーのヒッティングパートナーをしていました。その名もセリーナ・ウィリアムズ、ビクトリア・アザレンカ、キャロライン・ウォズニアッキという面々。

ヒッティングパートナーというのは練習相手のことで、女子プロテニスプレイヤーの相手には男子テニスプレイヤーが相手を務めるのが普通です。サーシャはヒッティングパートナーとして大変優秀だと定評がありましたが、コーチはしていませんでした。

それが、去年の秋にキャロライン・ウォズニアッキとの契約が切れた数日後に偶然大坂なおみのチームがサーシャ・ベイジンにコーチの話を持ち掛けたのだそうです。サーシャ・ベイジンは契約期間中にほかの仕事の話が入った場合断ることにしているそうなので、まさにグッド・タイミングで奇跡に近いめぐりあわせだったのです。

そして、彼が大坂なおみのコーチになってから、彼女はめきめきと実力を発揮してきました。2018年2月の全豪オープンでベスト16入りを果たし、3月のBNPパリバ・オープンで優勝、そして9月の全米オープンで優勝。彼女はそれまで実力はあったものの、若いこともあり精神面で不安定なところがあったのですが、それをサーシャコーチがうまく指導したことが彼女の躍進に結びついたようです。

サーシャ・ベイジンコーチのテニスセミナー

東レ・パンパシフィック・オープンでは、大坂なおみをトップに導いた名コーチ、サーシャ・ベイジンが行うテニスセミナーが予定されています。無料で参加でき、観覧も自由です。事前募集はなく、当日は誰でも参加可能だとのことです。

日時:9月13日(木)18:00~19:30

場所:スポル品川大井町インドアテニスコート2面(ハード)

参加者:(予定)サーシャ・ベイジン、辻野隆三、吉田友佳

持参するもの:テニスシューズ

内容:大坂なおみのコーチであるサーシャ・ベイジンによる、インストラクターに向けたトップ選手指導法の実践テニスセミナー

大坂なおみの日本での予定

3歳のころからずっと米国で暮らしている大坂なおみにとって、日本は「ホームに帰るというよりは、とっても楽しいホリデー」のような感覚なのだそうです。彼女は東京に来ると原宿や渋谷でショッピングを楽しんだり、大好きな日本食を堪能するのが楽しみなのだとか。

今回日本に到着後に行われた記者会見で日本でやりたいことを聞かれ「原宿に行きたいし、東京ドームのジェットコースターに乗りたい。」と言っていました。

とはいえ、日本人の間にも一気に有名になってしまった大坂なおみ選手。これからはお忍びで日本を楽しむのが難しくなってしまうのではないでしょうか。行く先々でファンに囲まれてしまいそうです。

まとめ

上記の記者会見では、大坂なおみは時々日本語も交え、ほとんどは英語で答え、それを通訳の人が日本語にするというスタイル。記者が日本語でする質問は大体わかっているようですが、複雑な質問は通訳の人が説明していました。質問の中で「あなたのアイデンティティについてどう思いますか。」というのがありました。最初、それがどういう意味なのか、答えにちょっと窮していたようで「それは質問なんですか?」と聞き直していました。ようやく質問の意味がわかったらしく答えたのですが、それがとても彼女らしかったのです。

「私は私です。」そう、彼女は大坂なおみ。

関連記事

大坂なおみはハーフ母が日本人父がハイチ系米国人、国籍選択は?
大坂なおみ全米オープン優勝/セリーナ・ウィリアムズのペナルティと表彰式のブーイング
大坂なおみ全米オープンのブーイング理由【動画】海外メディアから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください