慰安婦像問題でサンフランシスコと大阪姉妹都市解消【海外の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comfort Women Statue SF

サンフランシスコ市に建てられた慰安婦像に抗議して、大阪市長がサンフランシスコ市と姉妹都市関係の終了を宣言しました。1957年から60年も続いた姉妹都市を解消するほどまでに発展した慰安婦像問題とはどういうものなのでしょうか。このニュースは日本や米国だけでなく広く世界中に報道されましたが、海外では慰安婦問題についてどのような反応となっているのでしょうか。


サンフランシスコ慰安婦像の背景:慰安婦問題とは?

そもそも慰安婦像というのはどうしてできたのでしょうか。その背景となる慰安婦問題について簡単に説明します。(詳しくはこちらの記事を参考にしてください。)

慰安婦像は韓国その他に設置されている旧日本軍の慰安婦を模した銅像です。慰安婦というのは第二次世界大戦中、従軍慰安婦として日本兵のための売春宿で働いていた韓国人を主とする女性たちのことです。

これらの慰安婦の連行は日本軍の戦争犯罪であったとして、韓国の団体が日本を抗議するために慰安婦像を設置し始めたのです。ソウル日本大使館前に設置されたのを皮切りに、中国、台湾、米国、カナダ、オーストラリア、ドイツなどに50以上が設置され、日韓の外交問題に発展しています。

サンフランシスコの慰安婦像

2017年9月22日にサンフランシスコ市の公有地となる予定のセント・メリーズ公園の展示スペースに慰安婦像と碑が設置されました。

その慰安婦像は、中国、韓国、フィリピンの3人の若い女性が台座の上で手をつないでいるものです。そのそばには、韓国の運動家であった故・金学順(キム・ハクスン)を模した女性の銅像が立っています。これは1930年代前半から1945年まで日本人兵士が「慰安婦」を性奴隷として扱った歴史を表したものとされており、そのことについて説明する碑文も設置されています。

英語で書かれた碑文の全文は以下の通りです。

“Our worst fear is that our painful history during World War II will be forgotten”
––former “Comfort Woman”

This monument bears witness to the suffering of hundreds of thousands of women and girls, euphemistically called “Comfort Women,” who were sexually enslaved by the Japanese Imperial Armed Forces in thirteen Asian-Pacific countries from 1931 to 1945. Most of these women died during their wartime captivity. This dark history was hidden for decades until the 1990s, when the survivors courageously broke their silence.

They helped move the world to declare that sexual violence as a strategy of war is a crime against humanity for which governments must be held accountable.

This memorial is dedicated to the memory of these women, and to the crusade to eradicate sexual violence and sex trafficking throughout the world.

Gift to the City from the “Comfort Women” Justice Coalition

Collection of the City and County of San Francisco

この碑文の日本語訳は以下の通りです。

「私たちが最も恐れることは、第二次大戦中に私たちが経験した痛ましい歴史が忘れ去られることです」

この記念碑は、1931年から1945年までアジア太平洋の13カ国で日本帝国陸軍の性奴隷となった数十万の女性や少女の苦悩をあらわしています。これらの女性は婉曲的表現で「慰安婦」と呼ばれ、そのほとんどが戦中に捕らわれの身のまま亡くなりました。1990年代に生存者たちが勇敢に声を上げるまで、この暗い歴史は数十年間にわたって隠されたままとなっていました。

この生存者たちは、戦争の手段としての性暴力は人道に対する罪であり、政府が責任を負うべきだということを世界が宣言することに寄与しました。

この記念碑はこれらの女性たちに捧げるためのものであると同時に、世界中の性暴力や人身売買を撲滅する運動のために立てられたものです。

サンフランシスコ市へ「慰安婦」問題連合より寄贈

サンフランシスコ市及びサンフランシスコ郡所蔵品

大阪市の姉妹都市終了宣言

2017年11月14日、サンフランシスコ市議会は市民団体から慰安婦像を土地ごと寄贈を受け入れる決議案を可決しました。そして、11月22日エドウィン・リー市長が慰安婦像を市の公共物として認める書面に署名しました。これを受けて、大阪市の吉村洋文市長は11月30日に姉妹都市関係解消の意向を示しました。大阪市は慰安婦問題に関しては2015年12月に日韓両政府において合意をしたことで解決済みであり、サンフランシスコ市に慰安婦像及び碑文を設置することはこの合意の精神を傷つけるもので姉妹都市として看過できないとしています。

その後12月12日にリー市長が急逝し、ロンドン・ブリードが次期市長に就任したのを受けて大坂の吉村市長は2018年7月にブリード市長に慰安婦像撤去を求める書簡を送り9末までに回答を求めました。その回答が期日までになかったとして吉村市長は10月に姉妹都市を解消すると発表しました。

大阪市とサンフランシスコ市は高校生の交換留学など民間交流事業を行ってきましたが、姉妹都市解消によって大阪市はこのような交流事業への補助金支出を廃止し、市長や市議会など行政間の交流もなくなることになります。姉妹都市関係の解消によってこれまで続いてきた2都市の交流がなくなることはもちろん残念なことですが、それよりもっと深刻なのはこれが2都市間だけの問題にとどまらないことです。サンフランシスコ市はもとより、米国および世界各国にこのニュースが知れ渡り、大阪市、また日本という国に対しての印象を左右してしまうのです。

サンフランシスコ市の対応

大阪市の姉妹都市解消の発表について、サンフランシスコ市はサンフランシスコ市報道官ジェフ・クレタンの声明を発表しました。それによると、大阪市の決定は遺憾であるとしつつも、姉妹都市関係は市長間で成り立つものではなく市民間の交流によって築かれるとして、両市の姉妹都市委員会らによって市民同士の交流が維持されることを望むと表明しました。

さらに、10月4日にはサンフランシスコのロンドン・ブリード市長が声明を発表しました。それによると、慰安婦像は撤去しないという方針を示した上で、姉妹都市の解消もしないという考えを表明しています。

大阪市の吉村市長が姉妹都市関係の解消を伝える書簡を送付したことについてブリ―ド市長は「2都市の人々の間で60年以上も続いた関係を1人の市長が一方的に終わらせることはできない。我々にとっては、サンフランシスコと大坂の姉妹都市関係は人々の間において今も続いている。今後も2都市間をつなぐこの絆がさらに強まることを望んでいる。」という見解を示しました。

また「日本人および日系アメリカ人はサンフランシスコの歴史に深くかかわっていて、市に長い間貢献してきた。米国内に3つあるジャパン・タウンの一つがわが市にあり、それは、サンフランシスコが素晴らしく多様な市であるための重要な要素になっている。」とサンフランシスコと日本との重要な関係について強調しています。

その上で「サンフランシスコ市慰安婦像はかつて、そして今でも奴隷や性的人身売買の恐怖にさらされているすべての女性の闘いの象徴として建てられたものだ。犠牲者たちには敬意を払うべきであり、この記念碑は我々に決して忘れてはならない出来事や教訓を呼び起こしてくれるものである。」と、この慰安婦像が広く性暴力の被害者である女性を記念して建てられたものだということを指摘しています。

海外の反応


米国では地元サンフランシスコのSFゲートやサンフランシスコ・クロニクルなどのメディアをはじめ、全国的にもAP通信ニューヨーク・タイムズCNNNPRなど多くのメディアがこの事件について報道しています。

米国メディア報道によると、慰安婦像の背景や慰安婦にまつわる歴史を説明したうえで、慰安婦であったことを名乗り出た韓国の運動家が日本軍が犯した行為を非難しそれをサンフランシスコの市民団体が支持していることを紹介。慰安婦があったということは史実であり、日本政府も1993年にそれを認め謝罪しているにも関わらず、最近になって確固とした証拠がないという理由で慰安婦が強制的に連行されたということを否定し始めていると説明しています。

菅官房長官の「慰安婦像の設置は政府の立場と相いれず、極めて遺憾であり、まことに残念だ」という見解を紹介し、慰安婦像問題は日本と韓国の関係を悪化させているという解釈を加えています。

このニュースは米国だけでなく、英国でもBBCガーディアンインディペンデントなど数々のメディアが報道。それ以外にも、オーストラリアのSBSアラブのアルジャーラなど世界各国で報道されていて、かなり関心が高いようです。

慰安婦像や慰安婦問題については、これまで一般にはあまり知られていなかったのが、今回の大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市解消の件で広く世界中に知れ渡ってしまったという皮肉な結果となっています。慰安婦問題について日本政府側は解決済みであるという見解で一貫していますが、先日の国連人種差別撤廃委員会でも指摘されているように、慰安婦問題は未だに未解決であるというのが世界の一般的な見解となっています。また、日本政府は慰安婦問題について認めて謝罪したにもかかわらず、最近になって歴史修正主義に走り、史実を捻じ曲げてなかったことにしようとしていると考えられているのです。

大阪市と日本の対応は?

大阪市のサンフランシスコ市との姉妹都市解消という事態が2都市間の問題であるだけでなく、日本という国が世界に与える印象を悪くしてしまうことになるのは否めません。

この期に及んでそれに抗議する言動をしても国際世論は日本に対してさらに批判的なものになるだけでしょう。国連差別撤廃委員会でも討論されたことですが、日本が細かいところで「慰安婦」は「性奴隷」ではなかった、慰安婦は強制連行されたのではなく人身売買や売春と同じ行為だった、朝日新聞などが史実と異なる記述をした、などと問題を矮小化しようとしたところでことは変わりません。それどころか、日本はこの問題について真摯に向き合い反省しようとしたする姿勢がなく、はぐらかそうとしているだけだとさらに印象が悪くなります。

幸いサンフランシスコ市長は姉妹都市解消が一市長の権限によって成立するものではなく、これからも大阪市との関係を続けていきたいと手を差し伸べてくれています。大阪市はこの機会を無駄にすることなく、サンフランシスコ市と交流関係を取り戻すべく話し合うべきでしょう。そのためには市長や市議会をはじめ、大坂市民、特に女性がサンフランシスコ市との友好関係復活のために尽力してほしいものです。

慰安婦問題についての個人的な見解は前記事でも述べましたが、サンフランシスコのブリード市長も述べているように、広く性暴力を受けた、または受けている女性の問題であるという理解のもとに進めていくことが大切です。そのように考えるのなら、慰安婦像の撤去を求めるものではないばかりか、応援してもいいのではないでしょうか。慰安婦像を説明する碑文の一部に史実と反した文や情報があるのなら、碑文を話し合いのもとに変更することを申し出てみるのもいいでしょう。かたくなに抗議するだけでは問題は解決しません。

つい先日ドイツのメルケル首相がエルサレムを訪問した時、ホロコースト記念館を訪れ被害者に祈りを捧げました。その時のスピーチでメルケル首相は「ドイツにはこの犯罪について決して忘れることなく、反ユダヤ主義や排外主義、憎悪・暴力と闘う永遠の責任がある。」と語りました。ドイツは第2次世界大戦で自国が行った戦争責任について認め、戦後から今まで一貫して歴史に向き合い戦争責任を追及、国内外で被害者に謝罪し、同様のことが二度と起こらないように国民への教育を続けてきました。その真摯な姿勢はかつて敵国であった近隣諸国にも認められるようになってきています。自国の犯した過ちを隠そうとしても批判されるだけで、過ちは過ちとして認め、それを反省し同じことを繰り返さないという姿勢を見せることでその国民は尊敬されるのです。

日本政府も歴史修正主義に走るのではなく、史実は史実として認め、過去の反省すべきことは反省し、その上で慰安婦問題を広く女性に対する性暴力の観点から取り組むようにするべきだと思います。おりしも米国の#MeToo運動から始まった一連の性暴力スキャンダル摘発が世界中で起こっています。これまで沈黙していた被害者女性が性暴力について語り始める大きな波の中、戦争中とはいえ自国民が外国の女性に行った性暴力について真摯に向き合い、同じようなことが二度と起こることのないよう被害者と共に努力を続けることが必要です。

そうした姿勢こそ、韓国などの元慰安婦とその関係者だけでなく、世界各国の人から理解されるものとなるでしょう。

(敬称略)

関連記事

韓国の慰安婦問題とは国家間ではなく女性の人権の問題では?
国連人種差別撤廃委員会日本国審査:慰安婦、ヘイトスピーチ、移民、アイヌ、沖縄など

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. より:

    GOOD NEW’S

  2. からし より:

    歴史修正主義ではない。史実ではないので認められないという立場では?史実ではない証拠はたくさん出てきています。韓国は事実である証拠を何一つ出せていない。唯一あるとすれば嘘で塗り固めた証言。被害者だと証言する女性の話も辻褄が合わない事ばかり。

  3. 名無し より:

    サンフランシスコ市長よ、その碑文で正しいのは、日本軍が慰安所を設けてたというところまで、後は日本を貶める為の中韓の嘘と捏造のてんこ盛りだ。ネットで検索すれば何でも分かる時代、オマエは少しは調べたのか?その碑文を否定する証拠は多く存在するが、裏づける証拠はどこにもないんだぞ、言ったもん勝ちの世界なんだぞ、聞いてるかサ市長よ!吉村大阪市長は良くやった、この勝負大阪市の勝ちだ!

  4. より:

    では韓国人によって強姦されたベトナム人女性の像も世界各国にバンバン創ろうではないか。慰安婦問題について偉そうに語ってる連中(この記事の執筆者みたいなやつ笑)が韓国に言及してるのを見たことがない。どころか、戦争の歴史を見れば慰安婦や現地人強姦といった事実は世界各国に存在したものなのに、なぜかそれを忘れてしまっているようだ。この記事もまるで日本だけが女性を性奴隷化していたかのような言い草ではないか。

    慰安婦は日本だけでなく世界各国の問題。したがって、「日本の慰安婦」の像を立てるというのはどうもしっくりこない話である。そして他国の強姦や慰安婦の問題にはなぜか一言も触れない人間というのもどうも胡散臭い。そして左巻きには大概、そのテの胡散臭い人間しかいない。

  5. まきこ より:

    女性の人権やら性暴力の根絶やら、拡大解釈では?
    戦争があるところ、残念ながら女性は被害者になります。だから戦争はしてはいけない、そういう碑文に書き換えてこそ、その像に意味がある。
    像を撤去できないサンフランシスコ側の金勘定と下らない自尊心が丸見えだからこそ、逆に戦争の被害者全員を冒涜してるように思えて吐き気がします。
    今言われているその「史実」が百年後も史実として存在しているかどうか確信できるだけの証拠がなく、証言だけが一人歩きしている、そんな状態で裁判にかけられているようなのが日本だと思いますが。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください