3月8日国際女性デーは英語でInternational Women’s Dayミモザでお祝い、ロンドンではmarch4women

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月8日は「国際女性デー」です。「国際女性の日」とか「国際婦人デー」とも呼ばれるこの記念日のことを英語ではInternational Women’s Day と言います。どういう理由でこの記念日ができたのかその歴史や、今年予定されているイベント、ロンドンで開催された march4women についてご紹介します。

国際女性デーとは

国際婦人デー(International Women’s Day)は1904年の3月8日にアメリカ、ニューヨークの女性労働者15,000人が開いたデモ集会を記念してできました。彼女たちは婦人参政権、労働時間の短縮、賃金アップを要求したのです。その後アメリカの社会党がこの日を女性の日(National Woman’s Day)と定めました。

アメリカで始まったこの記念日に「国際」の名前が冠されたのは、1910年のことです。コペンハーゲンで開催された17か国の女性100人が集まった国際社会主義婦人会議でこの日を女性の政治的自由と平等のために戦う「International Women’s Day」として定めました。1975年には国連によって国際女性年が制定され、その年にこの日を「国際女性デー」と制定しました。

1917 International Women’s Day Petrograd

国際女性デーには、世界各国で女性によるイベントや運動が行われてきました。1917年に起きたロシアの二月革命では当時の首都ペトログラードで女性労働者を中心としてデモがありました。日本でも1923年3月8日に社会主義フェミニスト団体の初の集会が開催されました。

国際女性デーはロシアなど、多くの国で国民の祝日となっています。中国では女性は半日の休みがもらえます。イタリアではこの日、男性が女性に日頃の感謝を込めてミモザの花を贈る習慣があります。冬の終わりに黄色い花を咲かせるミモザは愛と幸福を呼ぶと言われているのです。

Mimosa

去年の国際女性デーはトランプが大統領に選ばれた後。アメリカでは女性の権利のためにたくさんの人がデモや集会をしました。ワシントンでは500,000人以上の人がデモ行進に参加したのです。

今年のイベントは?

国際女性デーには毎年テーマが選ばれますが、今年のテーマは

「今こそ行動を:女性の生活を向上させるために都市や村で活動する人たち」。

国連女性の地位委員会のテーマに基づき、農山漁村女性の権利や活動に焦点があてられます。

近年セクシャルハラスメントや性暴力に対する女性の抵抗について世界中で注目されていますが、まさにその気運の高まりの中で迎える国際女性デー。

アメリカをはじめとして盛り上がった #Me Tooや#Times Up運動男女間の賃金格差問題など、さまざまな側面でいまだに根強く残る男女差別に取り組む人たちが世界中の女性のエンパワーメントのために行動をおこす日となるでしょう。

March 4 London

ロンドンでは一足先に3月4日の土曜日、「マーチ・フォー・ウィメン」March4London と呼ばれるデモ行進がありました。

ヨーロッパ全土を襲う寒気にもかかわらず、たくさんの女性(と男性)が参加して、サフラジェットを象徴する緑、白、紫色のサッシをかけ、様々なスローガンを掲げてトラファルガー広場に行進。

スローガンは「Deeds not words」サフラジェットの「言葉ではなく行動を」

「Bloody difficult woman」メイ首相は過去に「なんて難しい女!」と言われたことからこれを自称しています。

「Men of quality do not for equality」言い得て妙ですね、「いい男は平等をおそれない。」

 

このイベントにはサフラジェットのエミリン・パンクハーストのひ孫で女性運動家のヘレン・パンクハーストやビアンカ・ジャガーなども参加しています。

ヘレン・パンクハーストはスピーチをしました。

「今の時代にも大昔の恐竜のような考えで私達を一昔前に戻そうとする人たちがいる。

そういう古い考え、私達を箱に閉じ込めてしまおうとする考えと戦わなければならない。」

 

ロンドン市長のサディク・カーンをはじめ多くのフェミニスト男性も参加。カーン市長はスピーチで

「私はアメリカ合衆国の大統領とは違って、フェミニストであることに誇りをもっています。」

「男女平等は女性だけではなく我々みんなが努力して勝ち取らなければならない。」

自分はフェミニストではないと言ったトランプ大統領に対してはこう言っています。

「パワーや影響力のある地位にあるものなら、男女賃金格差をはじめとする男女差別があること、男の子であるというだけで女の子よりもチャンスがあるということを良しとしないだろう。

それならフェミニストであるべきだ。」

メーガン・マークルがハリー王子と参加

3月8日にはイギリス各地で国際女性デーのイベントが計画されています。

ハリー(ヘンリー)王子とフィアンセのメーガン・マークルもバーミンガムの若い女性のためのチャリティー団体のイベントに参加します。この団体は科学、技術、エンジニアリング、数学といった、女性の進出が限られている分野でのキャリアを若い女性が選ぶようにインスパイヤするための活動を行っています。

ハリー王子と婚約する前は国連の女性分野の機関UNウィメンに参加しているフェミニストのメーガンなので、この公式行事には適役ですね。

Meghan UN

母と国連女性イベントに参加したメーガン・マークル(Source:Getty)

メーガン・マークルは今年1月18日ハリー王子とカーディフを訪問した時、ファンに「ロイヤル・ファミリーにフェミニストを迎えてうれしい。」と言われ

「ありがとう。ハリーもフェミニストなんです。」と答えたそうなので、イギリス王室には公式にフェミニスト・カップルがいるわけです。

まとめ

私たち女性の立場は昔に比べるとずっと改善されててきました。
けれどもそれは今まで多くの先輩たちが声を上げ、時には多大な犠牲を払って戦ってきてくれた努力のたまものです。
今でも女性は様々な場面で差別にあうことが少なくありません。
私たちの後に続く女性たちのためにも、今それぞれの立場でできることをしていきたいものです。

そして、これは女性だけでなく男性の問題でもあります。
女性だから男性だからという枠で人の役割を決めつけてしまうのは、誰のためにもよくありません。
人間は1個人として、いわゆる「女性的」な面も「男性的」な面も併せ持つもので、そのバランスが違うのは性別の違いではなく個人差のはずです。
男だから泣いてはいけない、長時間働いても妻子を養わなければいけないと、がんじがらめになっている男性の中にも疑問を持つ人がいるでしょう。
私は男も女も人間は多様な顔、役割を持った方が世のため身のためになると思います。
仕事も、家事も、社会的な役割も一緒に分け持っていきましょうよ。

家庭から変えていこうということで、私の目下の課題は息子に家事を仕込むこと。
そして私は家事の手をぬくこと。

 

関連記事

サフラジェットの闘い:イギリスの女性参政権獲得から100年

渡辺直美を英VOGUEが賞賛「日本女性のステレオタイプをくつがえす」

イギリスBBCが高額報酬出演者を公表:男女賃金格差に非難の声

男女賃金格差解消に向けて:イギリスBBC男性記者は自主的に減給、中国編集長は抗議辞任

イギリスで性差別広告を禁止 : ASAが2018年に新たな規性を導入

日本が世界最下位なのはどの分野?イギリスの場合

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください