ハリー・ポッターと謎のプリンス:第6巻Harry Potter and the Half-Blood Princeあらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Harry Potter and Half Blood Prince

「ハリー・ポッター」シリーズの第6巻「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のあらすじをまとめました。まだ読んでない/観ていない人にとってはネタバレになってしまうところもあるので注意してください。

第6巻:ハリー・ポッターと謎のプリンス Harry Potter and the Half-Blood Prince(2005年)

夏休み、ダーズリー家に帰省していたハリー・ポッターは、彼を迎えに来たダンブルドアから亡くなったシリウス・ブラックの遺産を想像したことを知らされます。

一方、ヴォルデモートはマグル、魔法使い両方の世界における支配力を強めていました。天候不順、不可解な事故や災害に頭を悩ませていたイギリスの首相に魔法省大臣のコーネリウス・ファッジはそれらの事件はすべて魔法界を恐怖で支配したヴォルデモートの復活が原因であると伝えます。

ホグワーツももう以前のような安全な場所ではなくなってきました。ハリーは学校の中にも危険が潜んでいると疑い、最終決戦が迫っていることを予感するダンブルドアはハリーに戦いの準備をさせるため、個人授業を始めました。また、かつてヴォルデモートであるトム・リドルが学生だったときに彼を教えたことがある引退中の元教授、ホラス・スラグホーンを魔法薬学教授としてホグワーツに迎えることを説得します。そして、スネイプは闇の魔術の防衛術の教師となります。

ハリーはヴォルデモートであるトム・リドルの生い立ち、なぜ彼が闇の魔術に手を染めるようになったかを知り、過去にヴォルデモートが作り出し、その不死のパワーを支えている7つの「分霊箱」(ロケット)を破壊する必要があるということがわかり、秘密裏にその捜索を始めます。

学年末が近づいていた頃、ハリーはダンブルドアと共に分霊箱を破壊するために探しに行きました。分霊箱を見つけたあと、闇の罠をくぐり抜けたダンブルドアが衰弱しているとき、マルフォイのはからいでホグワーツに死喰い人が現れます。ダンブルドアはハリーをかばい、裏切り者のセブルス・スネイプに殺されてしまいます。ハリーはその時、ダンブルドアが金縛りの術をかけていたため、体を動かすことも声を出すこともできませんでした。

スネイプの裏切りに憤ったハリーは「半純血のプリンス」の蔵書で覚えた闇の呪文でスネイプを攻撃しますが、呪文は通じず、倒されてしまいます。

実は、この本を作った「半純血のプリンス」の正体こそスネイプだったことをハリーは知るのです。スネイプはハリーを倒し逃亡します。ハリーはダンブルドアの遺体のそばに戻り、分霊箱の「銀のロケット」の蓋を開けますが、ロケットから出てきた「R・A・B」という人物の書き置きには、「ロケットは私が盗んで、偽物とすり替えた」と書いてありました。R・A・Bというのはレギュラス・アークタルス・ブラックのことで、シリウス・ブラックの実の弟にあたることが、第7巻の「ハリー・ポッターと死の秘宝」で明らかになります。

ダンブルドアの葬儀が執り行われる中、ハリーは来年は学校に戻らず、一人で残りの分霊箱を探し出して破壊することを決意しました。それを知ったロンとハーマイオニーもハリーに同行する覚悟を伝えます。

 

ハリー・ポッターシリーズ(本)のタイトル・順番・発行年度

ハリー・ポッターは英国でも大人気のシリーズで本はずっとベストセラーになっています。英国作家J. K. ローリングによる児童文学ですが、子供だけでなく、大人にも愛読されています。各国の言語にも翻訳され、世界累計発行数からみても史上最も売れたシリーズ作品となりました。

原作は全7巻からなるシリーズですが、2016年に本編の後日談を描いた第8巻が発売され、作者のローリングはこれをハリー・ポッターシリーズの最終巻(完結巻)としてます。シリーズ全作とその出版年度は次の通り。

こちらにハリー・ポッターシリーズ全作のまとめがあります。

シリーズの他の作品のあらすじは下記参照

第1巻:ハリー・ポッターと賢者の石  Harry Potter and the Philosopher’s Stone(1997年)

第2巻:ハリー・ポッターと秘密の部屋 Harry Potter and the Chamber of Secrets(1998年)

第3巻:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人  Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(1999年)

第4巻:ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and the Goblet of Fire(2000年)

第5巻:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix(2003年)

第6巻:ハリー・ポッターと謎のプリンス Harry Potter and the Half-Blood Prince(2005年)

第7巻:ハリー・ポッターと死の秘宝  Harry Potter and the Deathly Hallows(2007年)

第8巻:ハリー・ポッターと呪いの子 Harry Potter and the Cursed Child(2016年)

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください