ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:第5巻Harry Potter and the Order of the Phoenix あらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Harry Potter and the Order of the Phoenix

「ハリー・ポッター」シリーズの第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」のあらすじをまとめました。まだ読んでない/観ていない人にとってはネタバレになってしまうところもあるので注意してください。

第5巻:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix(2003年)

ハリー・ポッターがホグワーツ校の5年生になる前の夏休み、路地を歩いていたハリーとダドリー・ダーズリーは吸魂鬼ディメンターに襲われましたが、ハリーの魔法によって窮地を免れました。けれども、魔法省は未成年の魔法使いに自衛以外の魔法の使用を禁止されていることから、ハリーはホグワーツから除籍されるという通知を受け取りました。

魔法省の審問を受けたハリーは、校長ダンブルドアのおかげで、自衛のために魔法を使ったことが証明され、無罪放免となります。

新学期になり、ロンとハーマイオニーがグリフィンドール寮の監督生に選ばれることになります。生徒たちはヴォルデモートの復活はハリーの作り話だと疑い、ハリーに不信感を持つものが多く、ハリーにとっては居心地の悪い新学期となりました。

魔法省から派遣されてきた「闇の魔術に対する防衛術」の新任教授アンブリッジは実技を全く扱わなかったため、ハーマイオニーは学生たちで実技を学ぶこと、その教師役をハリーが務めることを提案し、ダンブルドア軍団が結成されました。

ダンブルドアもヴォルデモートに対抗するため、秘密同盟「不死鳥の騎士団」を結成します。

一方、ヴォルデモートもベラリックス・レストレンジらを集めてハリー抹殺を図ります。

魔法試験の途中、ハリーはシリウスが捉えられ拷問される夢を見てダンブルドア軍団のメンバーと共に魔法省に駆けつけます。12個の回る部屋、謎の石のアーチの部屋、時計の部屋などをめぐりハリーは「予言」を見つけますが、死喰い人が現れ苦戦します。そこにへ不死鳥の騎士団が救出にやってきて、激しい戦いの中、シリウス・ブラックがいとこでヴォルデモートの崇拝者であるベラトリクスに殺されてしまいます。その後、ダンブルドアが現れヴォルデモートは敗北しベラトリックスと共に逃亡。

このあとハリーはダンブルドアからヴォルデモートがハリーを狙い、ハリーの両親を殺害した理由を知らされます。自らの運命と使命を知ったハリーはヴォルデモートとの対決の決意を新たにして、再び夏を過ごしにダーズリー家へ戻っていきます。

 

ハリー・ポッターシリーズ(本)のタイトル・順番・発行年度

ハリー・ポッターは英国でも大人気のシリーズで本はずっとベストセラーになっています。英国作家J. K. ローリングによる児童文学ですが、子供だけでなく、大人にも愛読されています。各国の言語にも翻訳され、世界累計発行数からみても史上最も売れたシリーズ作品となりました。

原作は全7巻からなるシリーズですが、2016年に本編の後日談を描いた第8巻が発売され、作者のローリングはこれをハリー・ポッターシリーズの最終巻(完結巻)としてます。シリーズ全作とその出版年度は次の通り。

こちらにハリー・ポッターシリーズ全作のまとめがあります。

シリーズの他の作品のあらすじは下記参照

第1巻:ハリー・ポッターと賢者の石  Harry Potter and the Philosopher’s Stone(1997年)

第2巻:ハリー・ポッターと秘密の部屋 Harry Potter and the Chamber of Secrets(1998年)

第3巻:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人  Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(1999年)

第4巻:ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and the Goblet of Fire(2000年)

第5巻:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix(2003年)

第6巻:ハリー・ポッターと謎のプリンス Harry Potter and the Half-Blood Prince(2005年)

第7巻:ハリー・ポッターと死の秘宝  Harry Potter and the Deathly Hallows(2007年)

第8巻:ハリー・ポッターと呪いの子 Harry Potter and the Cursed Child(2016年)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください