イギリス

コロナ抗原検査とPCR、イギリスでは誰でも無料

LFT

厚労省が新型コロナウイルス用抗原検査キットの薬局での販売を解禁したということですが、価格が高く一般民にとって敷居が高いようです。イギリスでは無症状の一般国民を対象に抗原検査キットを無料配布し、週2回の検査が推奨されています。ここでは、抗原検査の費用や精度、PCRとの違いなど、イギリスでの利用状況を交えて説明します。

続きを読む

デルタ(インド)変異株で感染再拡大中のイギリスから日本が学ぶべきこと

Covid Vac Leaflet

イギリスではアルファ(イギリスB1.1.7)変異株によるコロナ第2波が収まり、ワクチン接種普及と共にコロナ感染も死者数も急減していましたが、ここに来てデルタ(インドB.1.617.2)変異株による感染拡大が急増中です。日本もイギリスの後を追っている状況なので、イギリスの事例から学べることがあります。

続きを読む

コロナ感染者数日本がイギリスを超えた日:感染激減の理由は

Covid 19 test

新型コロナウィルス1日の新規感染者数で、日本がイギリスを追い抜きました。この冬コロナが猛威をふるったイギリスはロックダウンがずっと続いていたのですが、ここにきて感染者数が激減しています。そのタイミングで日本の感染者数は増えているため状況が逆転しているようです。

続きを読む

男性に夜間外出禁止令を:ロンドンの女性殺人事件後に

Reclaim the night

ロンドンで女性の遺体が発見され、ロンドン警視庁の警官が誘拐と殺人の疑いで逮捕されたことで、イギリス中がショックを受けています。「危ないから女性は夜一人歩きしないで」という声が上がる中、女性国会議員は国会で「男性全員に夜6時以降の外出禁止令を」と提案して話題になっています。

続きを読む

マンUマーカス・ラッシュフォードMBE「子供を空腹にさせないため」給食を無料に

Marcus Rashford

イギリスでは貧困家庭の子供は学校給食が無料となりますが、学校が長期休暇になると昼食を満足に食べられない子供が出てきます。そんな子供をなくすために立ち上がったのがマンUの若手選手マーカス・ラッシュフォード。政府を相手に始めた運動が実を結び、MBE勲章を授与されることになりました。けれども彼の闘いは続きます。

続きを読む

スティルトンチーズで日英貿易交渉難航

Stilton cheese

日英通商協定が合意に達しなかったのはチーズが原因?イギリスがスティルトンなどの英国産ブルーチーズの日本への輸入を増やしたいとごねたために、交渉が難航したことが話題になっています。「スティルトンって何?」という人のためにこのチーズについて紹介します。

続きを読む

キャスキッドソン倒産で日本撤退:イギリスでもコロナ閉店で通販のみに

Cath Kidston

イギリスを代表するブランドの一つ、キャス・キッドソンは日本でも人気でしたが、コロナの影響による閉店のため倒産となりました。日本での店舗・通販共に営業は停止となり、イギリスでもオンライン販売だけとなっています。もうあのかわいいアイテムは手に入らなくなってしまうのでしょうか?

続きを読む

自己隔離したペスト村イーム(Eyam)ロックダウン17世紀版

Plague Cottagee

イギリスのダービシャーにある美しい村、イーム(Eyam)は17世紀にロンドンから渡って来たペスト(黒死病)により多くの被害者が出たところ。特筆すべきは村の外に感染病を広めないために村全体が自主的に「自己隔離」したという逸話です。どうして村人はそんな自己犠牲に至ったのでしょうか、そしてその成果は?

続きを読む

イギリスのものはすべて外国から来た、紅茶も女王様も

Queen Victoria

イギリスが正式にEUを離脱した日、1月31日にBBCの子供向けチャンネルCBBCが「イギリスのもの」という動画を紹介。イギリス人がイギリスのものと思い込んでいるものはほとんど外国から来たものだという皮肉たっぷりの歴史番組でした。これには賛否両論大きな反応がありました。どんな動画なのでしょうか、そしてイギリス人はそれについてどう思ったのでしょうか?

続きを読む