イギリス

コロナ感染者数日本がイギリスを超えた日:感染激減の理由は

Covid 19 test

新型コロナウィルス1日の新規感染者数で、日本がイギリスを追い抜きました。この冬コロナが猛威をふるったイギリスはロックダウンがずっと続いていたのですが、ここにきて感染者数が激減しています。そのタイミングで日本の感染者数は増えているため状況が逆転しているようです。

続きを読む

【プライマーク】Primark 英プチプラブランドはイギリスのしまむら?日本未進出

Primark

Primark (プライマーク)はイギリス全国に支店がある激安ファッションブランド。日本のユニクロのようなもの、いや、もっと安いのでGUやしまむらのようなものでしょうか。何しろ、Topshop やH&Mより安いので、開店当時は客が殺到してレジの行列が長いので有名でした。今では、少し落ち着いてきたものの、イギリスではすっかり定着してどの町でも茶色のPrimarkの紙袋を下げている人を見かけます。

続きを読む

男性に夜間外出禁止令を:ロンドンの女性殺人事件後に

Reclaim the night

ロンドンで女性が行方不明になりその後、遺体が発見されたのですが、ロンドン警視庁の警官が誘拐と殺人の疑いで逮捕されたことで、イギリス中がショックを受けています。「危ないから女性は夜一人歩きしないで」という声が上がる中、女性国会議員は国会で「男性全員に夜6時以降の外出禁止令を」と提案して話題になっています。

続きを読む

タトゥー【海外の反応】イギリスやアメリカではどんな印象なのか、仕事は?入れ墨とどう違うの

最近は日本でも「タトゥー」と英語で呼んで、ファッション感覚で入れている人もいるようですが、まだまだ「入れ墨」というと抵抗がありますね。海外ではデイヴィッド・ベッカムやアンジェリーナ・ジョリーなど多くの著名人がしていたりしてかなり浸透してきているタトゥーですが、一般の人にはどう思われているのでしょうか。

続きを読む

生理の貧困対策:イギリスの学校でナプキンやタンポンを無料配布

Tampon Tax

あなたが女性なら、生理用品にお金をいくら使っていますか。多くの人は他の生活必需品と同じように特に意識もせずに買っているでしょうが、その費用さえ簡単に捻出できない人たちもいます。若い女子学生の場合、それが負担となって学校を休まなければならない人たちさえいるのです。そのため、イギリスでは2020年から学校で生理用品を無料支給するという取り組みがはじまりました。

続きを読む

マンUマーカス・ラッシュフォードMBE「子供を空腹にさせないため」給食を無料に

Marcus Rashford

イギリスでは貧困家庭の子供は学校給食が無料となりますが、学校が長期休暇になると昼食を満足に食べられない子供が出てきます。そんな子供をなくすために立ち上がったのがマンUの若手選手マーカス・ラッシュフォード。政府を相手に始めた運動が実を結び、MBE勲章を授与されることになりました。けれども彼の闘いは続きます。

続きを読む

イギリスワーホリ2021YMSビザ申請方法 当選倍率や費用

London Street Scene

大人気のイギリスのワーホリ制度YMSはその倍率が高いので有名ですが、年齢制限などをクリアすればだれでも当選の可能性があります。イギリスで2年間学習、就労ができる制度を利用してイギリスで暮らしてみませんか。2021年度ワーホリ制度の概要、応募方法や条件などを説明します。

続きを読む