ジョージ王子の小学校:今年9月から通う学校って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャサリン妃とウィリアム王子の長男であるジョージ王子も今年4歳になったので小学校に入学するのですが、ジョージ王子が通う小学校ってどんな学校なんでしょうか。

イギリスの学校は9月から

イギリスの学校の夏休みは日本と大体同じで、7月中旬から8月末まで。新学期は9月のはじめですが、日本と違う点は9月が新学年の始まりということですね。 (だから長い夏休みのあいだ宿題がなく、子どもたちは思いっきり遊べるのは羨ましい限り。)

さて、9月になると子どもたちは新しい学年をスタートするわけですが、ぴかぴかの1年生も小学校に仲間入り。イギリスでは4歳から小学校に行きます。最初の1年は Reception (レセプション)クラスと呼ばれ、遊びながら勉強する環境に慣れるための1年。

ジョージ王子の学校選びについて

ジョージ王子は2016年1月からノーフォークのモンテッソーリ幼稚園に通っていました。しかし、ウィリアム王子の公務が増えることもあり夏からは一家でロンドンのケンジントン宮殿への引っ越しを決めました。そこで、ジョージ王子はケンジントン宮殿の近くノッティングヒルにあるウェザビースクール (Wetherby School Notting Hill) に行かせるのではないかと噂されていたようです。こちらはウィリアム王子とハリー王子が通っていた私立の男子校です。

英国の王室やアッパークラスの師弟は男子校、女子校に通わせる伝統がありますが、ウィリアムとキャサリン妃が選んだのは共学の学校。将来シャーロット王女も同じ学校に通わせたいと考えての決定なのかもしれませんね。

Thomas’s Battersea (トマス・バタシー)

キャサリン妃とウィリアム王子がジョージ王子のために選んだ学校は Thomas’s Battersea (トマス・バタシー) という私立学校で、一家が住むロンドンのケンジントン宮殿から約3キロ南のテムズ川南岸にあり、車で20〜30分くらいかかります。

この学校は4歳から13歳まで全校生徒は560人の共学制で、イートン校など名門パブリックスクールに卒業生を送り出すプレップスクール。ロンドン市内という位置もあり裕福で国際色豊かな子どもたちが通います。学校では19の違った言語が飛び交っているそうで、生徒の親はシティーで働く金融業、投資家、ジャーナリストなどのミドルクラスが多いとのことです。

この学校には幼児部も備わっているので、シャーロット王妃もここに通わせるのではないかと噂されています。

ジョージ王子の学費はいくら?

イギリスの公立学校は無料ですが、こちらは私立なので学費が1学期に5,868ポンド(今のレートで85万円)かかります。イギリスも日本と同じく3学期制なので、1年間の学費は 17,604ポンド(254万円)ということになります。この学費はイギリスの私立小学校の中でも高いほうで、制服一式を揃えるのにも約340〜380ポンド(5万円〜)かかると いうことです。

イギリスの他の私立学校と同様、在校生の弟や妹には学費の割引があります。なので、シャーロット王女他2番目、3番目の子供には若干安くなりますが、ウィリアム王子一家はそういうことは心配しないでもよさそうですね。

学校のモットーは優しさ

ジョージ王子が入学するトマス・バタシー校のモットーは「優しさ」。学校の成績だけでなく、親切、自信、謙虚さに重きをおいた学習指導をすることを理念にかかげています。

トマス・バタシー校のモットーは、民主主義の精神や法律を守ること、個人の自由や相互尊重、異なる宗教や信念の寛容です。

これは私達が大事にしている今のイギリスの価値観であり、これからのイギリスで生活していく生徒たちに必要なものです。

トマス・バタシーでは特定の「ベストフレンド」を奨励しておらず、たくさんの友人と仲良くすることがより大切だとしています。

イギリスのナショナル・カリキュラムに沿った教育をしていますが、バレエ、アート、演劇、音楽、スポーツ、ICT、フランス語などの科目に専門の教員をそろえ、アカデミックな勉強だけでなくアート、スポーツ、アウトドア活動に力をいれているということです。

また、学校のクラブにはフェンシング、陶芸、レゴ、空手、音楽などがあるそうで普通の公立学校では願うべくもない多彩な才能を伸ばす環境があるようです。

キャサリン妃とウィリアム王子の教育方針

キャサリン妃とウィリアム王子はジョージになるべく普通の学校生活を送ってほしいと願っていて、学校にも特別扱いを望んでいません。

トマス・バタシー校も「ジョージ王子がなるべくみんなと同じように普通の子供として学校生活が送れるように努力したい」と述べています。

同校では全校生徒の保護者に向けての手紙でジョージ王子が同校に入学することを伝える際に「ウィリアム王子とキャサリ王妃はジョージ王子を他の子供と同様に扱ってほしいと願っている」と述べました。

故ダイアナ妃はウィリアムとハリーの学校の運動会で大活躍していましたが、ウィリアム王子とキャサリン妃もトマス・バタシーの学校行事に進んで参加したいと話しています。

卒業生にはデルヴィーニュ姉妹も

トマス・バタシーはファッションモデルの カーラ・デルヴィーニュ (Cara Delevingne)その2人の姉ポピー、クロエ3姉妹も通った学校です。

ジョージ王子の影響か、最近になってこの地域に家を買う人が増えているとか。ちなみにこのあたりの家の平均価格は1,605,632ポンド(約2億3000万円)。

とても普通の人には手が出せない値段ですが、自分の子供を王子様が行く学校と同じところに通わせたいと思うイギリス人(及び外国人)富豪が多いんでしょうねえ。

関連記事

ジョージ王子が小学校に入学 制服姿で初登校 ウィリアム王子送迎

ジョージ王子は学校に行くのが嫌になった!?

ジョージ王子の給食メニューに出るあの食材の人気が急上昇

「裸のシェフ」ジェイミー・オリヴァーの学校給食改善キャンペーン

紗栄子さんのお子さんが行く予定のイギリスのイートン・カレッジってどんな学校?

イギリスの教育制度(幼児から大学まで)

イギリスの中学校の歴史の授業がおもしろい

イギリスの中学校 数学は能力別クラス

ジェイミー・オリヴァーの取り組み その3:学校で料理を必修科目に

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください