ハリーポッターの駅9と3/4線への行き方:ロンドン、キングスクロス駅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハリーポッターのファンなら訪れたい駅、ロンドンのキングス・クロスにある9と3/4線についてご紹介します。ホグワーツ魔法魔術学校に向かう列車が出発するプラットフォームへの場所や行き方、入場時間、プラットフォームにあるハリポタショップの営業時間などの情報を説明します。

ハリー・ポッターの駅




ロンドンのキングスクロス駅(King’s Cross Station)はホグワーツ魔法魔術学校に向かう列車が出発する駅です。ホグワーツの学生たちが9番線と10番線の間にある壁にカートを押して消えていく場面が印象的ですよね。

この9と4分の3番線を再現したスポットがキングスクロス駅にあります。スーツケースを載せたカートが煉瓦の壁に半分埋まっているのです。ここは記念撮影スポットとして世界中の観光客に人気です。

この撮影スポットに隣接するショップもあり、ファンなら一度は訪れたい駅です。

9と3/4線は英語で何と言う?

ここでちょっと英語のお勉強です。「9と4分の3線」は英語で何と言ったらいいのでしょうか。

英語では「4分の1」という観念に「quarter(クォーター)」という単語をよく使います。これを使ってこうなります。

Platform Nine and three quarters

(プラットフォーム・ナイン・アンド・スリー・クォーターズ)

キングスクロス駅で道に迷ったら、これを使って聞いてください。「ハリーポッターのプラットフォーム」でもわかってもらえるとは思いますが。

9と3/4線プラットフォームへの行き方や開場時間

キングスクロス駅(King’s Cross Station)はイギリスの主要鉄道幹線であるイーストコースト本線のターミナル。ユーロスターのターミナルであるセント・パクラス駅(St Pancras Station)とつながっていて、二つで一つの駅をなしているような感じです。

地図などで略されるときはKing’s Crossは 「KGX」 、St Pancrasは「STP」 という記号が使われます。

地下鉄の駅は「キングスクロス・セントパンクラス駅(King’s Cross and St Pancras Station)」という長い名前です。鉄道地図では別の駅のように書かれていることもありますが、二つの鉄道駅と地下鉄の駅はつながっているので外に出ないまま行き来することができます。

ロンドン・ユーストン駅や大英図書館にも近く、歩いて行ける距離です。

9と4分の3番線はキングスクロス駅コンコースの9~11番のプラットフォームの途中にあります。改札の外にあるので切符を買わなくても行くことができます。

9と3/4線撮影スポット

ハリー・ポッターのすべての映画に出て来るホグワーツ校行きの列車が出発するプラットフォームを舞台にしたロケでは、実際のプラットフォーム4番線と5番線が9番線と10番線として撮影されました。

このロケを記念して作られたキングスクロス駅9と3/4番線は実際のプラットフォームではなく、改札の手前にある壁にあります。スーツケースを載せたカートが壁の中に半分埋まっているモニュメントは格好の記念写真スポットとなっています。

ホグワーツの学生たちが9番線と10番線の間にある壁にカートごと消えていく場面をそのまま再現したスポットで、記念撮影ができる。しかもこのスポットは誰でも切符を買うことなしに行け、入場無料。ハリポタファンでなくても観光客が訪れる人気スポットで長い行列ができることも。

無事に行列をクリアしたら、カートはあなたのもの。私が行ったときはスタッフが記念写真撮影を手伝っていました。スクール・マフラーをなびかせてこうやって撮ったらいいよとアドバイスもあってサービス満点。

ハリーポッターのマフラーや杖なども無料で貸してもらえます。マフラーはどの寮の物でも選べるというのが粋ですね。たいていの人はグリフィンドールを選ぶようですが。

ショップの店員さんに撮影してもらうこともできますが有料です。自分のカメラやスマホで撮るのは無料なので自分で撮れば十分だと思います。一人旅の人は行列に並んでいる人と取り合いっこしてもいいですね。

Harry Potter platform

入場 無料(切符を買う必要はありません)

会場時間 24時間

住所 Euston Road, King’s Cross London N1 9AP

最寄り駅 King’s Cross

ここはアクセスがいい人気スポットなので混雑することもあります。行列に並ばず、ゆっくり記念写真を撮りたい人は早い時間に行くことをおすすめします。ロンドンの観光スポットやお店は大体朝9時とか10時でないと開かないので、ここを観光ルートの朝一番に持ってくると効率的です。隣のショップも朝早くからあいてます。

ハリー・ポッターショップ営業時間

記念撮影スポットのすぐそばに公式ハリー・ショップがあります。グリフィンドール校のマフラーやローブ、杖などが手に入るのでそれを着用して記念撮影してはどうでしょうか。

ここでは、ハリポタ関係のグッズを専門に取り扱っていて、衣服や小道具、食品などありとあらゆるものを買うことができます。

ハリー・ポッターファンにはマストと言ってもいいお店ですが、お土産を買うのにもいいですね。小物からお菓子、衣類、おもちゃやギフト・トランクまで手ごろな価格の物から本格的なマニアがねらうものまで実にいろいろなものが置いてあります。

日曜日も含め毎日夜の10時まで開いているのも便利です。月~土曜日は朝8時から開いているので、他のお店や観光地が閉まっている時間帯を利用して行けるのもうれしいですね。

Harry potter shop inside

店名 The Harry Potter Shop at Platform 9 3/4

開店時間 月~土 8:00AM~10:00PM  日  9:00AM~10:00PM

住所 Euston Road, King’s Cross London N1 9AP

最寄り駅 King’s Cross  St.Pancras

セント・パンクラス駅 St.Pancras Station

St Pancras Station
ハリー・ポッターではホグワーツ校行きの列車が出発するプラットフォーム9と3/4番線はキングスクロス駅から出ているという設定です。

けれどもハリポタの映画で映されるキングスクロス駅の外観は実はおとなりにあるセント・パンクラス駅のものなのです。重厚なネオゴシックのデザインが「ハリー・ポッター」の舞台にピッタリだから。

セント・パンクラス駅はキングスクロス駅とつながっているので、いつの間にか通り抜けてそのまま地下鉄に乗ってしまうことになりかねないのですが、ぜひ外に出て眺めてほしい建物です。

この駅は長い間使われないまま廃墟状態となっていたのですが、最近セントパンクラス・ルネッサンスホテル(St. Pancras Renaissance Hotel)として改装され、当時の美しい外観が復元されています。

ハリー・ポッターの映画で見たシーンを思い出すかもしれません。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」でハリーとロンがプラットフォーム9と3/4番線の壁をくくりぬけることができず、空を飛んでホグワーツ・エクスプレスに乗るシーンを覚えていますか?あの時2人はこの建物のクロック・タワー(時計塔)の上空を飛んだのです。

この建物はほかにも「ハリー・ポッターと死の秘宝」の最後、19年後のシーンに登場しました。

入場 無料

住所 Euston Road, King’s Cross London NW1 2AR

最寄り駅 King’s Cross St.Pancras

セント・パンクラス駅はパリに行くユーロスターが出る国際ターミナル。イギリスへの玄関口にふさわしい巨大な銅像や大時計などがあるミュージアムのような駅なので歩き回るのも楽しい駅舎です。キングスクロス駅のすぐお隣なので標識に従っていけば、すぐわかります。

「Exit」または「St. Pancras Renaissance Hotel」の標識に従っていくと外に出て駅の外観を眺めることができます。

ハリー・ポッターゆかりの地

ロンドンにはキングスクロス駅以外にもハリポタゆかりの地がたくさんあります。

また、少し足をのばせばワーナーブラザーズ・スタジオがあり、こちらもハリポタファンなら外せません。

ロンドン以外にもイギリス中にハリーポッターのロケ地などがあり、それをまとめたのがこの記事です。

ハリーポッター・イギリス旅行スポット:スタジオ、ロケ地全ガイド20選

長い記事ですが、気になるところだけでも参考にしてください。

 
関連記事

第1巻:ハリー・ポッターと賢者の石  Harry Potter and the Philosopher’s Stone(1997年)
第2巻:ハリー・ポッターと秘密の部屋 Harry Potter and the Chamber of Secrets(1998年)
第3巻:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人  Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(1999年)
第4巻:ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and the Goblet of Fire(2000年)
第5巻:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix(2003年)
第6巻:ハリー・ポッターと謎のプリンス Harry Potter and the Half-Blood Prince(2005年)
第7巻:ハリー・ポッターと死の秘宝  Harry Potter and the Deathly Hallows(2007年)
第8巻:ハリー・ポッターと呪いの子 Harry Potter and the Cursed Child(2016年)
ハリー・ポッター シリーズの登場人物 一覧:名前・画像・特徴・関係性 (一部ネタバレ注意

SNSでもご購読できます。

Adsense




コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください