日本の死刑執行へ賛否:死刑制度世界の現状と考え方【海外の反応】

Prison

オウム真理教の事件で死刑が確定していた教団代表の麻原彰晃(本名・松本智津夫)ら7人に7月6日、残りの6人に7月26日、死刑執行が行われました。今回の死刑執行については海外の主要メディアも一斉に報じ、日本の死刑制度を非難する声があいつぎました。ヨーロッパをはじめとする国々では死刑廃止の傾向にあり、先進国で死刑があるのは日本とアメリカだけと言われていますが、現状はどうなのでしょうか。また、死刑制度に関する賛否両論の考え方やその根拠にはどんなものがあるのでしょうか。

続きを読む

イギリス通貨の種類【2021最新版】単位はポンド(£)とペンス(p) 変更後、旧紙幣や旧貨幣が使えなくなるので注意

1Pound

最近イギリスでは新しい紙幣や硬貨が導入され、古いバージョンのものが使えなくなったり、これから使えなくなる予定だったりします。以前のイギリス旅行のときのお金を今度のときに使おうと思ってまだ持っている方、注意してください。ガイドブックなども古いデータが載っていたりするので、こちらで最新の新しい情報を網羅してご紹介します。

続きを読む

タバコ値段【2021年最新版】世界ランキング10月増税値上げ後も日本は安い?

cigarette

2021年10月に紙巻タバコや葉巻タバコ、加熱式タバコなどの小売価格が値上がりました。それぞれのたばこの値段はいくらになるのか、最新情報を銘柄別にまとめました。また、日本の煙草の値段は他国と比較すると、高いのか安いのかを、マールボロを例にとって国際比較してみました。

続きを読む

吃音症の芸能人:子供の頃のエド・シーラン、どもりをどうやって治したのか

Ed Sheeran

吃音(どもり)で悩む人は有名人にも少なくありません。吃音を持ちながらも芸能、政治、文学など様々な分野で活躍した人は国内外にたくさんいますが、イギリスの人気ミュージシャンであるエド・シーランもその一人です。彼はどのようにして吃音を克服したのでしょうか。

続きを読む

イギリス教育制度のシステムと特徴をわかりやすく(幼児から大学まで)

School children

イギリスの教育制度は複雑でわかりにくいと質問されることが多いので、幼児から大学までの流れを一通り説明します。その前に一言。まずイングランドとスコットランドやウェールズでは教育制度が少々異なることもあるので、ここでは基本的にイングランドの公立学校の制度をお話します。また、私立学校では多少違った教育をしているところもありますが、イギリスの大多数の子供は公立の学校で学んでいるのでこちらを中心に説明します。ちなみにイートン他のパブリックスクールなどを含む私立学校に通う生徒はイギリスで学校に通う全生徒中6.5%です。(2020年1月更新)

続きを読む

トランスジェンダーの受刑者女性刑務所で性暴行:カレン・ホワイトのケース

イギリスでトランスジェンダーとして自らを女性だと主張し女性用刑務所に収監されていたカレン・ホワイトが収監中に他の女性受刑者2人に性暴行をはたらき、無期懲役の刑を受けました。この事件はトランスジェンダーの受刑者をどのように扱うべきかという難しい問題をなげかけています。

続きを読む

Taupe(トープ)とはどういう色か:グレージュと同じ?

Taupe tone

最近日本でファッション雑誌とかで目にした人などから、よく聞かれるのが「’taupe’ っていうのはどんな色ですか」という質問です。そもそも発音方法も分からないという人も多いようです。日本での解釈もさまざまだったりするので、ちょっとここで写真つきで説明しますね。(2020年1月更新)

続きを読む

ジャパン・タイムズが徴用工・慰安婦の定義変更【国内外の反応】

国内英字新聞大手『ジャパン・タイムズ』 (The Japan Times) が、「徴用工」(forced labor)を「戦時労働者」(wartime laborers) と言い換え、「慰安婦」という語は使わない、と11月30日に紙上で表明した件が国内外で波紋を広げています。英米などのメディアで右派政権や活動家に屈した歴史修正主義的な決定であると批判の声が上がっています。どんな記事だったのでしょうか。また、この記事の背景にはどういうものがあるのでしょうか。海外からの反応と共にご紹介します。

続きを読む

春節休みで中国人の爆買い?「ダイゴウ」転売事業が減る理由

Chinese new year

春節(中華圏の旧正月)の大型連休が始まり、中国人は一斉に里帰りや旅行に繰り出しています。毎年この時期になるとヨーロッパに旅行に来る中国人も多く、ハロッズなどの有名デパートやルイ・ヴィトン、シャネル、エルメスなどのブランド店舗で「爆買い」する人の行列ができるようになるのです。けれども今年はその勢いも落ち込んでいるそうです。その理由として中国での景気にブレーキがかかっているだけでなく、転売に関する法律が変わったことも影響しているということです。

続きを読む