アイルランド妊娠中絶が国民投票で合法化:世界各国の状況

Irish Abortion

アイルランドでは妊娠中絶を合法化するための改憲の是非を問う国民投票が5月25日に行われ、賛成派が勝利しました。カトリック教徒の多いアイルランドでは、これまで妊婦の命を救うため以外の中絶は憲法で禁止されていました。この条項を撤廃するべきだという声は以前から上がっていましたが、今回国民投票で賛成多数で決まったのです。世界のほかの国での妊娠中絶事情はどうなっているのでしょうか。

続きを読む

RHSチェルシーフラワーショー2018石原和幸日本庭園も

Chelsea Flower Show

今年も園芸大国イギリスの夏の風物詩、チェルシーフラワーショーがやってきました。RHS(イギリス王立園芸協会)の最大のフラワーショーで毎年5月に行われるもの。国内外の著名なガーデンデザイナーやプランツナーサリーが技を競ってショーガーデンやプラントディスプレイを披露するショー、2018年初日の様子をご紹介します。

続きを読む

英ロイヤルウエディング総まとめ:ハリーとメーガン結婚式

Royal wedding

イギリスのロイヤルウエディング、見逃した人やあまり興味ない人、忙しくてそんなの見てられないという人のために結婚式当日の様子を140文字でまとめると:
ドレスはジバンシー、メーガン「夫に従う」と言わず、ハリー髭そらず、ハリー感激の涙メーガンはスマイル、黒人主教マイケル・カリースピーチ、黒人合唱隊黒人ゴスペルStand By Me歌う、黒人チェリスト、シェク・カネ―メイソン名演奏という感じ。とにかくこれまでの英ロイヤルウエディングになく「革新的な」結婚式についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

続きを読む

結婚式の子供ブライズメイドとページボーイ‐ロイヤルウエディング

Brides Maid

ハリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウエディングのブライズメイド6人とページボーイ4人のリストが発表されました。ジョージ王子とシャーロット王女の名前も入っています。ブライズメイドとページボーイはイギリスの結婚式ではお決まりとなっていますが、日本ではおなじみが薄いかもしれませんね。その意味、由来や役目、そしてこれまでのロイヤルウエディングでの子供たちの様子をかわいさ満載の画像と共に紹介します。

続きを読む

ベス・チャトー「奇跡の庭 英国グラベルガーデン」作者逝去

Beth Chatto

イギリスの名だたるプランツウーマン/ガーデナーのベス・チャト―が2018年5月13日に94歳で亡くなりました。イギリス南東部エセックス州にあるベス・チャトー・ガーデンを作り上げ、ナーサリーで自ら育てたプランツを販売し、フラワーショーで数々の賞を獲得、またガーデニングの本を何冊も書き、国内外で講演も行った偉大なガーデナーでした。

続きを読む

西城秀樹死亡 急性心不全で 2度の脳梗塞タバコが原因か?

Hideki Saijo

2018年5月16日歌手の西城秀樹が急性心不全で亡くなりました。『Young Man(Y.M.C.A.)』など多くのヒット曲を飛ばし「新御三家」の1人として郷ひろみ、野口五郎とともに70~80年代の日本音楽界を沸かせたミュージシャンの63歳という若い死でした。ヘビースモーカーとしても有名だった彼の死因は何だったのでしょうか。

続きを読む

2018年ラマダン(イスラム教徒断食期間)日程と食事:サラーも?

Ramadan

イギリスに住んでいるとイスラム教徒と知り合うことも多いのですが、その時に知っておきたいこととしてラマダン行事があります。おりしも今は2018年のラマダンの時期。マレーシアでは5月17日(木)にラマダンが始まると発表されました。ラマダンがどういうものなのか、それに対して非イスラム教徒である私たちが気にしておきたいのは何なのかをご紹介します。

続きを読む

ロイヤルウエディングに見る王室の人気度ハリー王子やメーガンは?

The Royal Family Facebook

ハリー(ヘンリー)王子とメーガン・マークルの結婚式はイギリスだけでなく、世界中で注目されています。王室メンバーと言えども、ウィリアム王子に第三子が生まれた今ハリー王子は王位継承順位5位なのに、どうしてこのロイヤルウエディングに注目を集まっているのでしょうか。イギリス王室や世界の王室・皇室の人気度リサーチの結果も合わせてご紹介します。

続きを読む

メーガン・マークルのファッションは大人の日本女性のお手本

Meghan Markle Twitter

まもなくハリー王子と結婚してプリンセスとなるメーガン・マークルは、すでに公務にも積極的に参加してイギリス中でその人気が高まるばかり。さらに、36歳の女優ということで大人の着こなしが魅力のファッションセンスに注目が集まり、すでにインフルエンサーに。キャサリン妃や故ダイアナ妃などとも一味違う、彼女のファッションは一般女性がお手本にするのにぴったり。そして日本の仕事を持つオトナ女性にも学ぶところがあるのですが、その理由は?

続きを読む