【イギリス王室】SNS : インスタ、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、オフィシャルサイト

The Royal Family Facebook

伝統あるイギリス王室は時代遅れで古めかしい印象もありますが、実はオンラインサイトやSNSが充実しているって知っていました?意外に知らない人も多いので、こちらでイギリス王室インスタ、フェイスブック、ツイッター、ユーチューブ、オフィシャルサイトを紹介します。新たに開設されたハリー王子とメーガン妃のインスタアカウントなど、新情報も追記しています。

続きを読む

Revolut(レボリュート)の仕組みや使い方:日本での口座開設はいつから?

Revolut

銀行って不便ですよね、あいている時間が短いしATMも時間制限や手数料があったり。最近はスマホ決済が広まり便利になったと思っていたら、不正利用問題で7Payが廃止に追い込まれたということで不安に思う人も出てきそう。そんな中、イギリスではRevolut(レボリュート)という便利なモバイルバンキングが広まっているので、その仕組みや使い方をご紹介します。スマホのアプリで使えるRevolutは今世界各国に海外進出していて人気上昇中。日本にも上陸するそうですが、いつからどんなサービスが使えるのか気になります。

続きを読む

慰安婦像問題でサンフランシスコと大阪姉妹都市解消【海外の反応】

Comfort Women Statue SF

サンフランシスコ市に建てられた慰安婦像に抗議して、大阪市長がサンフランシスコ市と姉妹都市関係の終了を宣言しました。1957年から60年も続いた姉妹都市を解消するほどまでに発展した慰安婦像問題とはどういうものなのでしょうか。このニュースは日本や米国だけでなく広く世界中に報道されましたが、海外では慰安婦問題についてどのような反応となっているのでしょうか。

続きを読む

生理の貧困対策:イギリスの学校でナプキンやタンポンを無料配布

Tampon Tax

あなたが女性なら、生理用品にお金をいくら使っていますか。多くの人は他の生活必需品と同じように特に意識もせずに買っているでしょうが、その費用さえ簡単に捻出できない人たちもいます。若い女子学生の場合、それが負担となって学校を休まなければならない人たちさえいるのです。そのため、イギリスでは2020年から学校で生理用品を無料支給するという取り組みがはじまりました。

続きを読む

日本の消費税10%軽減税率8%は高いのか?英国では20%だが、生活必需品はゼロ%

日本では2019年10月に消費税が10%に上がりました。10%という税率は高く感じますが、ヨーロッパ諸国などは20%以上というところも少なくありません。とはいえ、すべての商品に高い税金がかかるわけでもないのです。多くの国で軽減税率が導入されているし、イギリスでは食品や子供服などの生活必需品や教育医療文化など社会的に重要だとされる分野の消費税はゼロです。ここでは、例としてイギリスの消費税の仕組みをご紹介します。


続きを読む

ハーグ条約とは?親の子供連れ去り禁止をEUが日本に要請

外国で幸せな国際結婚をして子供も授かったものの、結婚が破綻してしまったら子供をどうするか?日本人女性なら慣れない外国で子供を育てるより、子供と日本に帰って周りの助けも借りて育てたいと思うかもしれません。けれどもそれが国際問題に発展してしまうケースがあります。これは日本国内でも起きている問題で、日本政府が外国からの圧力を受けることもあるのです。

続きを読む